広告の基本戦略

広告には、企業のプロモーションミックス内の有料メッセージが含まれます。広告の配置にかかる時間またはスペースに対して料金を支払うため、通常、メッセージの作成と配信をより細かく制御できます。いくつかの重要な戦略は、効果的な広告キャンペーンと広告のデザインと配信に貢献します。

セグメンテーション戦略

幅広いターゲットオーディエンスを持つ企業は、通常、市場を同様の特性または関心を持つ顧客のグループにセグメント化または分割します。アイデアは、大きな投資収益率をもたらす特定のタイプの顧客にメッセージを集中させることです。セグメンテーションへの一般的なアプローチには、人口統計、ライフスタイル、使用パターン、および地理が含まれます。個別のセグメントを特定したら、特定の広告キャンペーンのターゲットにするセグメントを選択します。

メッセージ戦略

メッセージ戦略には、創造的な戦略、特定のメッセージの目的、およびそれを達成するためのテクニックが含まれます。企業は、ユーモア、ドラマ、注目を集めるビジュアル、明るいジングル、キャッチスローガンなど、さまざまなクリエイティブなアプローチを広告に使用しています。ブランドの想起を促進することは、一般的なメッセージの目的です。ジングル、スローガン、韻を踏むことは、リコールを達成するための一般的なテクニックです。恐怖や不安を誘発するメッセージは、これらの人間の感情に依存して、顧客に購入を説得します。ブランドの社会的重要性を提示し、人々を笑わせ、官能性で遊び、思考や行動を変えることは、メッセージで使用される他の一般的な手法です。

ポジショニング戦略

企業のポジショニングとは、特定のターゲット市場に対する独自のバリュープロポジションを指します。したがって、ポジショニング戦略は、何を誰に提供するかを特定するステートメントから始まります。まったく新しい特許取得済みのテクノロジーデバイスを所有する企業は、10代や若い成人向けのテクノロジーABCのリーディングプロバイダーとしての地位を確立する可能性があります。この立場を念頭に置いて、同社は一貫したメッセージングを通じてこの立場を確立することに広告を集中させます。より競争の激しい市場では、メッセージが差別化と優れたメリットを強調するように、競合他社が何を提供しているかを知る必要もあります。

メディア戦略

メディア戦略には、メディアミックスの開発と、いくつかの配置要素の検討が含まれます。まず、広告を掲載するメディアを決定する必要があります。中小企業は、予算の制限のために、多くの場合、いくつかのローカル広告の機会に制限されています。広告の価値を最大化するには、潜在的なターゲット市場へのリーチ、広告の可能なインプレッション数、およびそれらのインプレッションを生成するためのコストを知る必要があります。地元の新聞、ダイレクトメール、ラジオは、一般的に中小企業がメッセージを発信するための最も手頃な方法を提供します。