ビジネス公衆トイレの規則と規制

企業は従業員にトイレ設備を提供する必要がありますが、顧客がこれらのトイレを使用できるようにする必要があるわけではありません。企業が公共のアクセスを許可することを選択した場合、施設が地域の配管規則およびアメリカ障害者法に準拠していることを確認する必要があります。

備品の数

連邦法は従業員が使用するトイレを義務付けていますが、公衆トイレに関する法律は州または地方レベルで設定されています。ほとんどの州は、Universal PlumbingCodeまたはInternationalPlumbingCodeと同様の規制に従います。これらの規範は、特定のタイプの場所のトイレと小便器の最小数を説明しています。

たとえば、大規模な小売店では、その場所の最大占有率まで、50人の顧客ごとに1つの備品が必要ですが、レストランでは、75人の男性と女性の顧客ごとに1つの割合で分離されたトイレが必要です。

ビジネストイレへのパブリックアクセス

すべての州が中小企業にトイレを一般に公開することを要求しているわけではありませんが、それは通常、店舗の評判にとっては良いことです。パブリックアクセスを必要としない州の企業は、運用コストを節約するためだけに、従業員用のトイレを維持することを選択できます。ただし、イリノイ州、オレゴン州、テキサス州を含むいくつかの州では、正当な医療ニーズのある常連客にトイレを開放することを企業に義務付ける規制であるトイレアクセス法のバージョンが可決されました。

障害を持つアメリカ人法

公的にアクセス可能なトイレは、すべての顧客が使用できるようにするために、障害を持つアメリカ人法に準拠している必要があります。これらの宿泊施設には、トイレ設備の背面と側面にあるグラブバー、簡単にアクセスできる水洗コントロール、車椅子をトイレに通すのに十分なスペースがあります。古い建物では、バスルームをADA標準に更新する必要がない場合がありますが、アクセスを改善するために簡単に達成できる変更を実装する必要があります。

性同一性の適応

トランスジェンダーの個人は、公共施設の利用に関して独特の懸念に直面する可能性があります。ユニセックストイレを持っている会社もあれば、持っていない会社もあります。一部の企業では、性同一性に対応する洗面所を使用することを許可するポリシーがあります。州法または地方条例により、男女別の施設の使用が規制される場合があります。

その他のトイレの問題

公衆トイレは、従業員がキーまたはロックコードに簡単にアクセスできる限り、ロックできます。OSHAの要件では、滑りやすい水たまりや器具の損傷などの危険からバスルームを清潔で安全に保ち、トイレットペーパー、ハンドソープ、ペーパータオル、または電動ハンドドライヤーの適切な供給を維持することが義務付けられています。配管コードは、プライバシーを維持するために、複数の器具の場所に物理パーティションを配置することも義務付けています。