デットアンドエクイティファイナンスの長所と短所

中小企業の所有者は、事業の運営と成長に資金を提供する方法を決定することに常に直面しています。彼らはより多くのお金を借りますか、それとも他の外部投資家を探しますか?決定には、会社がすでに帳簿にどのくらいの負債を抱えているか、会社のキャッシュフローの予測可能性、所有者がパートナーとの作業にどれほど快適かなど、多くの要因が関係します。

エクイティファイナンスとは何ですか?

投資家からのエクイティマネーにより、所有者は固定ローンの支払い期限を守るというプレッシャーから解放されます。しかし、彼は自分のビジネスのある程度の管理をあきらめなければならず、主要な決定を行う際に投資家と相談しなければならないことがよくあります。

エクイティの利点

  • リスクが少ない毎月の固定ローンの支払いがないため、エクイティファイナンスのリスクが少なくなります。これは、初期の数か月間にプラスのキャッシュフローがない可能性のあるスタートアップ企業に特に役立ちます。

  • 信用問題信用問題がある場合、成長に資金を提供するための資金の選択肢はエクイティファイナンスだけかもしれません。借金による融資が行われたとしても、金利が高すぎたり、支払いが急すぎて受け入れられない場合があります。

  • キャッシュフロー:エクイティファイナンスは、事業から資金を奪うことはありません。債務ローンの返済は、会社のキャッシュフローから資金を引き出し、成長の資金調達に必要な資金を削減します。

  • 長期計画:株式投資家は、投資の即時の見返りを期待していません。彼らは長期的な視野を持っており、ビジネスが失敗した場合にお金を失う可能性にも直面しています。

エクイティのデメリット

  • コスト:株式投資家は彼らのお金の見返りを受け取ることを期待しています。事業主は、会社の利益の一部を彼のエクイティパートナーと喜んで共有する必要があります。パートナーに支払われる金額は、デットファイナンスの金利よりも高くなる可能性があります。

  • 支配権の喪失:所有者は、追加の投資家を引き受けるときに、会社の支配権を放棄する必要があります。エクイティパートナーは、ビジネスの決定、特に大きな決定を下す際に発言権を持ちたいと考えています。

  • 対立の可能性:すべてのパートナーが決定を下すときに常に同意するとは限りません。これらの対立は、会社のさまざまなビジョンや管理スタイルの不一致から発生する可能性があります。所有者は、これらの意見の違いに喜んで対処する必要があります。

デットファイナンスとは何ですか?

事業の運営と成長に資金を提供するために資金を借りることは、適切な状況下では正しい決定である可能性があります。所有者は彼のビジネスのコントロールをあきらめる必要はありませんが、多すぎる借金は会社の成長を妨げる可能性があります。

借金の利点

  • コントロール:ローンの取得は一時的なものです。借金が返済されると、関係は終了します。貸し手は、所有者が彼のビジネスをどのように運営しているかについて何の発言権も持っていません。

  • 税金:ローンの利子は税控除の対象になりますが、株主に支払われる配当は控除できません。

  • 予測可能性:元金と利息の支払いは事前に記載されているため、これらを会社のキャッシュフローに組み込むのは簡単です。ローンは、短期、中期、または長期のいずれかになります。

借金のデメリット

  • 資格:会社と所有者は、資格を得るために許容できる信用格付けを持っている必要があります。

  • 固定支払い:元金と利息の支払いは、必ず指定された日付に行う必要があります。キャッシュフローが予測できない企業は、ローンの支払いが難しい場合があります。売上高の減少は、ローンの支払い日に深刻な問題を引き起こす可能性があります。

  • キャッシュフロー:借金が多すぎると、キャッシュフローが低下した場合にローンの支払いに問題が発生する可能性が高くなります。投資家はまた、会社をより高いリスクと見なし、追加の株式投資を行うことを躊躇します。

  • 担保:貸し手は通常、会社の特定の資産を担保として保有することを要求し、所有者は多くの場合、個人的にローンを保証する必要があります。

事業資金を調達するための資金を探す場合、所有者はローンを組んだり、追加の投資家を探すことの長所と短所を慎重に検討する必要があります。この決定には、多くの要因を比較検討して優先順位を付け、長期的に最も有益な方法を決定することが含まれます。