MicrosoftWordのスペルチェッカーを無効にする方法

Microsoft Wordのより便利な機能の1つは、自動スペルチェックと文法チェックです。どちらも、入力時に間違えた場合に即座に確認できるため、後で校正する時間を節約できます。ただし、この機能は、特に多くの頭字語、略語、固有名詞を含むドキュメントや、テキストがクリーンな名詞と動詞の文構造に従わない場合に、気が散ることがあります。このような状況では、スペルや文法の誤りを示す、赤と緑の一定の下線がイライラする可能性があります。Microsoft Wordでは、オプション設定でスペルチェッカーと文法チェッカーの両方をオフにすることができます。

1

MicrosoftWordアプリケーションを起動します。

2

画面の左上隅にある[ファイル]タブをクリックします。

3

左の列から「オプション」を選択します。

4

[校正]をクリックして、スペルチェックと文法チェッカーを含む校正オプションを表示します。

5

[入力時にスペルチェック]の横にあるチェックボックスをオフにします。

6

「入力時に文法をマーク」の横にあるチェックボックスをオフにします。

7

画面下部の「OK」ボタンをクリックして、オプションの変更を保存します。