Windows MediaPlayerを使用してDVDを作成する方法

Windows Media Playerを使用すると、写真、ビデオ、および音楽ライブラリからファイルを書き込むことができます。あなたのビジネスの場合、これには音声講義、トレーニングビデオ、在庫写真が含まれる場合があります。Windows Media PlayerはデータDVDのみをサポートしているため、機能豊富なDVDビデオを作成することはできません。ただし、多くのDVDプレーヤーは、JPG画像、AVIファイル、MP3音楽などのメディアファイルをサポートしており、データDVDを使用してメディアライブラリをバックアップできます。

1

空のDVDをDVDレコーダーに挿入します。

2

Windows Media Playerを開き、[書き込み]タブをクリックします。

3

[書き込みオプション]ドロップダウンリストをクリックして、[データCDまたはDVD]を選択します。必要に応じて、[書き込みリスト]をクリックして、DVDの新しい名前を入力します。

4

左側のペインから任意のライブラリをクリックして、そのファイルの内容を表示します。

5

中央のファイルリストから[書き込み]パネルにファイルをドラッグアンドドロップします。コピーするすべてのファイルを追加するまで繰り返します。メディアコンテンツを問題なくミックスできます。書き込みパネル内でファイルをドラッグアンドドロップして順序を変更するか、ファイルを右クリックして[リストから削除]を選択し、DVDからファイルを除外します。

6

「書き込み開始」をクリックしてDVDを書き込みます。1枚のDVDに収まらないほど多くのアイテムが追加された場合、残りのメディアを書き込むために2番目の空のDVDを入力するように求められます。