会計における現金支払いとは何ですか?

会計における現金支払いは、現金支払いとも呼ばれ、四半期や年などの特定の期間に会社が行った支払いを指します。これには、現金による支払いだけでなく、小切手や電子送金などの現金同等物による支払いも含まれます。現金支払いページの各エントリには、取引の日付、金額、支払い方法、および目的を含める必要があります。

意義

現金支払いは、会社から実際に流出している金額を測定します。これは、会社の実際の利益または損失とは大きく異なる場合があります。たとえば、ビジネスで発生主義の会計方法を使用している場合、費用を支払うときではなく、発生したときに報告します。同様に、収入は、実際に支払われたときではなく、稼いだときに報告されます。しかし、あなたの収入があなたが望むほど速くは来ていないが、あなたが費用を払っているなら、あなたは利益を報告しているかもしれませんが、現金が不足しています。