Excelで日付を自動入力する方法

日付情報を含むMicrosoftExcelスプレッドシートを設定する場合、個々の日付エントリの列に入力するという面倒な作業をExcelに任せると、作業がスピードアップします。Microsoft Excelのオートフィル機能は、適切なフォーマットとコンテンツタイプで単一のセルを確立し、他のセルに一連の関連情報を入力することに依存するプロセスに役立ちます。オートフィルを適用した後でオプションを選択して、セルに日付情報を入力できます。

1

列ヘッダーをクリックして、日付情報の場所を選択します。Excelリボンの[ホーム]タブで、[数値]セクションの右下隅にある矢印をクリックします。数値形式のカテゴリのリストから[日付]を選択し、必要な日付スタイルを適用します。[OK]ボタンをクリックして、[セルの書式設定]ダイアログボックスを閉じます。

2

列の上部にある最初のセルをダブルクリックして選択します。列の最初のセルに最初の日付を入力します。「Enter」キーを押してデータを確認します。曜日を含む日付形式を選択した場合は、列ヘッダーの右端を右にドラッグして列を広げます。

3

最初の日付エントリを含むセルの右下隅にカーソルを置きます。カーソルが黒いプラス記号に変わったら、データを入力する予定の領域の下部に到達するまで、この塗りつぶしハンドルを下にドラッグします。

4

フィルハンドルをドラッグした最後のセルの下と右に表示されるラベルのないオートフィルボタンをクリックします。ドロップダウンの[オートフィル]メニューが開き、7つのオプションのリストから選択できます。[シリーズに入力]ラジオボタンを選択すると、Excelは、入力した日付から1日ずつ増加する日付をセルに入力します。

5

オートフィルを使用して、日または月の名前を列に入力したり、データをインクリメントせずにスターターセルからフォーマットを伝播したり、最初のセルのフォーマットを適用せずにデータをインクリメントしたりします。これらのオプションはすべて、オートフィルメニューに表示されます。