職場でのチームワークの重要性

すべての優れた製品の背後には、優れたチームがあります。サッカーのチームメイトが完璧なショットを見つけるためにお互いにすれ違うように、各チームメイトは特定の意味のある役割を果たします。職場でのチームワークは、効率を高め、コミュニケーションを改善し、アイデアの生成を促進し、作業負荷を分散し、各従業員が帰属意識とエンパワーメントを感じる文化を確立することが実証されています。アンドリュー・カーネギーがかつて述べたように、チームワークは「一般の人々が珍しい結果を達成することを可能にする燃料です」。

チームワークとは何ですか?

最も単純な形式では、チームワークは、組織のメンバーが集まって共通の目標または一連の目標に向かって取り組む活動です。今日の作業環境では、チームワークは対面で、または(ますます)オンラインで発生する可能性があります。

今日のチームは以前とは大きく異なっていることは注目に値します。たとえば、今日のチームはより多様でダイナミックであり、新しい課題と機会をもたらす独自のスキルセットが含まれています。その結果、チームワークを必要とする各プロジェクトは、個人の成長と専門能力開発の機会としても機能します。

テクノロジーが職場を支配するにつれて、デジタルリテラシーであること、または情報通信テクノロジーを使用する能力を持っていることは、チームの設定においてますます重要になっています。

チームワークの利点

会社の武器庫には、優れたチームほど優れた武器はありません。すべてのシリンダーで発砲する場合、効果的なチームは、より複雑なタスクを実行することで効率高め(「2つの頭が1つよりも優れている」と考えます)、チームメンバー間のオープンな議論と協力を促進することでコミュニケーション改善し、各チームを活用して出力最大化することができますメンバーの強みは、個人の成長の機会を提供し、支持機構として機能し、スタッフのために。

当然のことながら、職場でのチームワークは、チームメンバーが独自の明確な視点をテーブルにもたらすことを可能にすることで、革新性と創造性高めることも示しています。効果的なチームワーク活用すると、各個人の独自の強みと属性を活用することで、会社の成長を促進しパフォーマンスと成功を後押しします。

適切な式を見つける

すべてのチームが平等に作られているわけではありません。たとえば、圧倒的なチームリーダーやチームメイト間の人格の衝突は、進歩を抑制し、生産性を停止させる可能性があります。組織行動のパイオニアであるJ.リチャードハックマンは、チームの結束にとって最も重要なことは行動ではないことを発見しました。むしろ、チームがその潜在能力を最大限に発揮するには、特定の「実現条件」(堅牢な構造、支援的な雰囲気、説得力のある方向性)を満たす必要があります。

これらの3つの条件は、共通の考え方と相まって、チームを成功させるための準備を整えます。生産性を高める他の要因には、各メンバーを平等に話したり聞いたりすること、話すときにエネルギッシュなジェスチャーを使用すること、正式な設定の外で協力すること(オフィスの会議など)、積極的に話し合うことが含まれます。