増分コストの計算方法

増分コストは、さまざまなレベルのスケールで数値を理解するための重要な計算です。この計算は、生産量の増加に伴うコストの変化を表示するために使用されます。製品を1ユニット製造する場合、コストが設定されます。追加の5ユニットを製造する場合、増分コスト計算は変化を示します。計算は、財務計画、会計、およびさまざまな生産レベルでのコスト、マージン、収益性を理解するために重要です。

増分コストに影響を与える要因

変動費と固定費は増分費用に影響します。たとえば、固定の建物のリースは、生産を増やしても価格は変わりません。固定費は、製造される各ユニットのコストに対して削減されるため、その製品の利益率が向上します。変動費は生産によって異なります。注文が増えると価格が変わるため、生産に使用される特定の材料は変動費です。多くの場合、一括注文は割引率で行われ、増分計算に組み込む変数が作成されます。

増分コストの計算

増分費用は限界費用とも呼ばれます。用語の選択に関係なく、式は同じです。コストの変化を数量の変化で割るだけです。全体的なコストは、生産のさまざまなレベルで変化します。これらのコストの決定は、独自の間接費構造と原材料および労働力の価格に従って行われます。固定費を計算し、さまざまな生産レベルに応じて変動費を設定します。10ユニットと100ユニットを生産するためのコストは異なります。それぞれのコスト構造で主要なベンチマークを設定します。コストを製造されたユニットで割ると、結果は増分コストまたは限界コストになります。

増分コストの例

機械部品を製造している忙しい工場を想像してみてください。この例では、従業員が1つの大きなパーツを作成するのに1時間かかります。 1つの部品の製造コストには、従業員の賃金(1時間ごとに計算)に加えて、部品またはユニットの製造に使用されるすべての材料のコストが含まれます。より正確には、工場をさらに1時間開いたままにする必要がある場合に消費される光熱費や、ユニットを顧客に出荷するためのコストなど、他のコストも含めることになります。

1つのユニットを生産するコストを計算します。上記のように、この費用には固定費(建物のリースまたは住宅ローン)と変動費が含まれます。人件費、工場での機械の設置、原材料、ユーティリティなどの製造コストは、変動費のカテゴリに分類されます。 1つのユニットの製造コストが$ 100.00であると想定します。次に、2つのユニットを生産するコストを計算します。同時に生産される2つのユニットの生産コストは、原材料をより効率的に使用し、送料を節約できる可能性があるため、別々に生産する場合よりも低くなる可能性があります。また、2回目の機械の設置に関連する費用もかかりません。 2つのアイテムを同時に生産するためのコストは$ 180.00になる可能性があります。

増分コストを決定するには、1つのユニットを生産するコストと2つのユニットを生産するコストのコスト差を計算します。2つのユニットを生産するための総コスト($ 180.00)を取り、1つのユニットを生産するためのコスト($ 100.00)= $ 80.00を差し引きます。残された金額が限界費用です。

コストの追跡

さまざまなレベルの生産に対して記録された増分コストを含むスプレッドシートを保管してください。これをツールとして使用して、コストの増加に備えながらキャッシュフローを管理できます。生産の拡大は大きな目標ですが、市場が生産を購入し、増加したレベルで吸収する準備ができていることを確認する必要があります。生産量が増えると、ユニットあたりのコストが下がり、全体的な収益性が向上します。数式を使用してスプレッドシートを設定し、生産の任意のレベルで増分コストを自動的に計算できます。これにより、生産ベースの意思決定プロセスがより効率的になります。