優れた監督者の属性は何ですか?

優れた監督者になることは、改善が必要な分野を特定するためのリーダーシップスタイルの正直な評価から始まります。洞察を得るために他の人からの意見が必要になる可能性があるので、従業員にフィードバックを求めてください。洞察を使用して、すべての監督者が優れた効果的なリーダーであるために必要な属性を開発します。

インタラクティブなコミュニケーションスキル

あなたの欲求を明確にする能力がなければ、あなたの従業員はあなたが委任したタスクを達成する方法を知りません。同様に重要なのは、従業員のフィードバックを理解して組み込むことです。優れた監督者は、従業員と効果的に対話し、オープンなコミュニケーションを維持して、プロジェクトの進捗状況や醸造の問題について常に情報を入手できるようにします。

共感と思いやり

従業員の立場に立つことができなければ、効果的に指導することはできません。たとえば、親が残業できない場合や、苦労している従業員が一時的に特別な配慮を必要とする場合があります。真のニーズに直面して可能な限り対応し、あなたの従業員は見返りに忠実になります。

委任する能力

優れたスーパーバイザーは、タスクを処理するのに最適な設備を備えた従業員にタスクを委任することに優れています。適切な委任はプロジェクトを合理化し、効率を確保し、収益性を最大化します。一方、不十分な委任はプロジェクトを危険にさらします。たとえば、重要なタスクを経験の浅い従業員に委任すると、プロジェクト全体が遅くなる可能性があります。さらに悪いことに、エラー、時間とリソースの非効率的な使用を修正するためにバックトラックする必要があるかもしれません。

可能な場合の柔軟性

管理への単一のアプローチがすべての状況で機能するわけではありません。むしろ、優れた監督者は状況に基づいて戦術を選択します。たとえば、締め切りが近づくと、作業を確実に完了するために強硬なアプローチを採用する場合があります。ただし、従業員はフルスピードで永続的に運用することはできないため、プロジェクト間のダウンタイム中は、よりリラックスしたアプローチを採用してください。これは従業員に彼らの力を回復する時間を与えます。

自信の表示

あなたの従業員はあなたにインスピレーションを求めています。あなたが希望に満ちた、または恐ろしいと思われる場合、彼らはあなたが何をしているのかわからないとみなします。その不安は、職場の雰囲気を悪化させ、生産性を低下させます。しかし、自信と前向きさを示しれば、従業員はリーダーとしてのスキルを確実に身に付けることができます。

前向きな姿勢を維持する

前向きな姿勢で仕事に来る上司は、オフィス環境を素晴らしい場所にします。彼らは問題を解決するときにこの態度を使用するので、問題はそれほど大きくはありません。そして前向きな姿勢は伝染します。人々は自分の環境の態度をとる傾向があり、前向きであることは想定するのに良いことです。スタッフの良い仕事を認めるために勝利を祝うことを忘れないでください。

謙虚さの線量

自信を持って前向きな見通しが重要ですが、あなたが下すすべての決定がうまくいくとは限りません。プロジェクトが失敗したり、選択が裏目に出たりした場合は、責任を受け入れ、間違いから学びます。あなたの過ちから生じた問題についてあなたの従業員を非難しないでください。

可能であれば、開いた本

監督者はいくつかの秘密を守る必要があります。これは特に、個人のプライバシーを尊重しなければならない機密性の高い人事問題や、公の発表の準備が整っていない新興企業の製品やポリシーの場合に当てはまります。

しかし、可能であれば、優れた監督者はオープンで透明性のある方法で業務を行い、プロジェクト、機会、懸念、および従業員が関心を持つ可能性が高く、秘密保持の正当な理由がないその他のことを従業員に知らせます。優れたマネージャーは、フィードバックを提供するために何ヶ月も待つのではなく、従業員が前もって仕事を改善するのを助けます。あなたのオープンさは、従業員間、および従業員と彼らが信頼できる信頼できる情報源であると考える上司との間の対話を促進します。

会社への情熱

優れたマネージャーは、彼らが働いている会社を愛し、会社の文化を理解し、会社の目的を高く評価しています。彼らは、なぜここが素晴らしい職場であるかを従業員に簡単に伝えることができ、チームメンバーを参加させ、貢献することに興奮しています。