MSWordからMSExcelにデータをインポートする方法

Microsoft Officeは、あるOfficeプログラムから別のOfficeプログラムにシームレスにデータをインポートできるように設計されています。たとえば、Word文書データ、さらにはWord文書全体をExcelスプレッドシートにインポートできます。数回クリックするだけで、Wordの製品説明のカタログからExcelスプレッドシートに、年次報告書や従業員の給与調査で作成した価格設定と売上高のテキストをページからすぐに取り込むことができ、最初から始める必要がなくなります。 Excelにインポートした後、Wordデータに変更を加えることもできます。

単一セルのインポート

1

Microsoft Excelを起動し、Word文書データをインポートするExcelスプレッドシートを開きます。

2

[挿入]タブをクリックしてから、リボンの[オブジェクト]ボタンをクリックします。

3

[オブジェクト]ウィンドウの[ファイルから作成]タブをクリックし、インポートするMicrosoftWordドキュメントを参照します。

4

ファイルの名前をダブルクリックし、「OK」をクリックしてオブジェクトウィンドウを閉じます。Word文書がマージされたExcelスプレッドシートに戻ります。リボンの下のセルテキストボックスに= EMBED( "Document"、 "")が表示されていることに注意してください。

5

Word文書内の任意の場所をダブルクリックして開き、編集可能にします。テキストの変更や再フォーマットなど、Excelを使用している場合でも、ここですべてのWord機能を実行できます。

6

[ファイル]タブをクリックし、[名前を付けて保存]を選択します。マージされていないバージョンに引き続きアクセスできるように、現在のExcelスプレッドシートを保存するのではなく、名前を変更します。「保存」ボタンをクリックします。

セルごと

1

Microsoft Wordを起動し、Excelにインポートするデータのテーブルを含むドキュメントを開きます。

2

テーブルの左上隅にある小さなハッチマークをクリックします。これにより、テーブルがデフォルトのWordブルーで強調表示され、[Ctrl-C]を押してテーブルをコピーします。必要に応じてWordを閉じます。

3

Excelを開きます。グリッドの最初のセルにカーソルをクリックし、「Ctrl-V」キーを押して、Wordテーブルの内容を貼り付けます。データは、同じセルレイアウトでWordからExcelにエクスポートされます。たとえば、Wordデータが3列の2行のテーブルであった場合、Excelスプレッドシートには3列の2行が表示されます。