Excelで特定の領域の保護を解除する方法

Excelワークシートを保護すると、他のユーザーが元のデータを変更できないようになります。ワークシートの特定の部分でのみ他のユーザーがデータを追加または変更できるようにする場合は、特定の範囲のセルの保護を解除できます。これらの領域を編集する前に、他のユーザーにパスワードの入力を要求したり、編集を特定のユーザーに制限したりすることもできます。Excelでは、リボンコマンドを使用するか、マウスショートカットを使用して、これらの変更を行うことができます。

リボンコマンド

1

[レビュー]タブを選択します。

2

ワークシートがすでに保護されている場合は、[シートの保護を解除]をクリックします。

3

[ユーザーに範囲の編集を許可する]をクリックします。

4

ダイアログボックスの[新規]ボタンをクリックして、新しい編集可能な範囲を作成します。

5

[セルを参照]フィールド内をクリックし、編集可能にするワークシートのセル範囲にカーソルをドラッグします。複数の領域のロックを一度に解除するには、「Control」キーを押しながら追加のセルを選択します。選択したセル範囲が[セルを参照]フィールドに自動的に表示されます。

6

パスワードアクセスを要求する場合は、[範囲パスワード]フィールドにパスワードを入力するか、[権限]ボタンをクリックして、フィールドを編集できるユーザーを指定します。完了したら「OK」をクリックします。

7

「シートの保護」ボタンをクリックして保護を再度有効にし、「OK」をクリックします。

マウスのショートカット

1

ワークシートがすでに保護されている場合は、保護を解除します。画面下部のシートタブを右クリックし、「シートの保護を解除」を選択します。

2

保護を解除するワークシートの領域を強調表示します。複数の領域を一度に強調表示するには、「Control」キーを押しながら追加のセルを選択します。

3

ハイライトされた領域の1つを右クリックし、[セルのフォーマット]を選択します。[保護]タブを選択し、[ロック]ボックスのチェックマークをオフにします。「OK」をクリックします。

4

画面下部のシートタブを右クリックし、「シートを保護」を選択し、「OK」をクリックします。前の手順でロックを解除した領域を除いて、シート全体が保護されます。