Linux画面で上にスクロールする方法

時間と生産性の損失は、中小企業に深刻な影響を及ぼします。ビジネスの一環として、コマンドラインを使用してリモートで作業する場合、フルスクリーンの多重化ウィンドウマネージャーであるGNU Screenは、接続が失われた場合でもプログラムが実行され続けるため、データの損失を防ぎます。Screenの多重化機能を使用すると、1つのコンソールで複数のプログラムを実行できます。これにより、効率が向上するだけでなく、たとえば、一度に1つのSSHセッションしか許可されない場合に必要になります。Screenがリモートプログラムの管理を引き継ぐため、Screenの実行中にターミナルエミュレータのスクロール機能を使用することはできません。スクロールバックバッファにアクセスするには、Screenコマンドを使用する必要があります。

1

キーボードの「Ctrl-A」を押し、「Esc」を押します。

2

「上」および「下」矢印キーまたは「PgUp」および「PgDn」キーを押して、前の出力をスクロールします。

3

「Esc」を押してスクロールバックモードを終了します。