洗車事業を始めることの賛否両論

洗車事業は、将来の起業家にとって魅力的です。手頃な価格でアクセス可能な車両の清掃とメンテナンスの永続的な必要性など、洗車事業を開始することには多くの利点があり、洗車は安全な投資であるように見えます。ただし、機器が故障した場合の非常に高額な修理や、一部の市場ではオフシーズン中に落ち着くなどの欠点もあります。洗車事業に投資する前に、洗車の所有権の長所が短所を上回っているかどうか、またはその逆かどうかを判断するために、事業を計画している市場を徹底的に調査してください。

プロ:洗車は常に必要です

Hedges&Companyによると、2018年に米国で登録された車両は2億7,610万台でした。これは、定期的に洗浄および保守する必要がある2億7,610万台の車両です。若いアメリカ人が前の世代よりも車を購入し、運転する回数が少ないという報告にもかかわらず、アメリカの道路では車が不足することはなく、洗車の需要も減少していません。

洗車も外注できません。アメリカ人の運転手が車を洗う必要があるとき、彼女はそれを地元で洗う必要があります。自動化して外部委託できる他のサービスとは異なり、洗車事業は実店舗としてのみ運営できます。

短所:洗車はしばしば季節的です

多くの市場では、洗車は季節限定のビジネスです。雪の降る気候では、クライアントは塩の汚れを取り除くために冬に車をより頻繁に洗うことがあります。雨の多い気候では、雨水が車の外装から汚れや破片を洗い流すため、雨季の洗車は乾季よりもはるかに少ないビジネスになります。セルフサービスの洗車では、寒い気候の車の所有者は冬の間は頻繁に車を洗わない傾向があります。これは、クライアントが車の中に留まったり、車が掃除されて詳細になるのを待ったりする洗車の場合には当てはまりません。

将来の所有者が心に留めておかなければならない洗車を所有することの最も重要な欠点の1つは、天候が彼らの利益にどれほど影響を与える可能性があるかです。連続した数週間の雨天はビジネスの急激な減少を意味する可能性があり、花粉の多い春は恩恵になる可能性があります。洗車を成功させるには、年間の気象パターンに基づいて利益を予測する能力と、低利益期間中に会社が借金をしないようにする財務戦略が必要です。

プロ:洗車は儲かる

洗車を所有することの多くの利点の中で、新しいビジネスオーナーにとって最も魅力的なものの1つは、人が生み出すことができる利益の量です。小規模のセルフサービス洗車の平均利益は年間40,000ドル強ですが、高級洗車の規模が大きいと、所有者は年間500,000ドル以上の利益を得ることができます。

短所:それは洗車以上のものです

洗車を所有するには、クライアントの車を洗ったり、ターンキー操作を購入したりするだけでは不十分です。洗車機を所有することの最大の欠点の1つは、このタイプのビジネスの複雑さと、部品が壊れたときに専用の洗車機を修理するのにどれほど費用がかかるかです。洗車の所有者になる可能性のある人は、必要に応じて機器のメンテナンスと交換をカバーするために十分な節約を手元に置いておく必要があります。

もう1つの欠点は、ビジネスの継続を支援するチームを管理する所有者の責任です。他のビジネスと同様に、有能でフレンドリーなスタッフは、利益を上げたり、顧客を遠ざけたりすることができます。チームを効果的に管理するための時間や管理スキルを持たない所有者にとって、有能なマネージャーを雇うことは必須です。

最も収益性の高い洗車は、必ずしも最も料金がかかるものではありません。ほとんどの場合、それはその場所と顧客に最も適したものです。所有権の利点を調査するときは、お住まいの地域の他の洗車が成功していることと、それらのサービスがクライアントのニーズを満たしていない場所に注意してください。