職場における文化の違いの例

職場のダイバーシティトレーナーは、従業員の間には違いよりも類似点があるとよく言います。ただし、従業員が共有する多くの共通の属性にもかかわらず、文化の違いは依然として存在します。文化は、年齢、人種、民族、宗教、性別を問わず、グループが共有する一連の価値観、慣習、伝統、または信念として定義されます。職場の多様性と職場の文化の違いに寄与する他の要因は、働き方、教育または障害に起因する違いです。

世代の影響に注目する

従業員の世代に起因する文化の違いがあります。多様な職場には、伝統主義者、ベビーブーム世代、ジェネレーションX、ジェネレーションY、ミレニアル世代と見なされる従業員が含まれます。各世代には異なる特徴があります。たとえば、団塊の世代と見なされる従業員は、自分のアイデンティティを自分の職業や仕事の種類に関連付ける傾向があります。団塊の世代はまた、キャリアの成長と進歩の機会があるときに雇用主を変えることを恐れずに、献身的であるという特徴があります。一方、ジェネレーションYに所属すると見なされる従業員も専門能力開発を重視しますが、技術に精通しており、多様性に慣れており、労働条件の柔軟性を重視しています。

教育の違いを意識する

学歴と成功を同一視する従業員と、職業訓練および実地訓練によってキャリアアップが可能になった従業員の間には違いがあります。これら2つのグループ間の文化の違いは、組織の目標を達成する上で理論と実践について意見の相違がある場合、一部の職場の問題で対立の原因となる可能性があります。たとえば、大学の学位を取得して熟練職の従業員のプロセスと技術を管理する準備ができたと信じている従業員は、長年の実践的な知識と経験を持つ従業員と比較すると、思ったほど効果的ではない可能性があります。

個人的背景の影響

従業員が住んでいる、または住んでいた場所は、職場の文化の違いに寄与する可能性があります。多くの人は、小さな町の従業員と大都市の従業員の間に明確な違いがあることに同意するでしょう。たとえば、ニューヨークはその速いペースと忙しい商取引のスピードで知られています。逆に、南部の小さな町の従業員は、すべての仕事に切迫感がある大都市の同じ会社に雇われている人と同じように急いで仕事に取り組むことはできません。

民族性

民族や出身国は、職場の文化の違いの例であることがよくあります。特に、コミュニケーション、言語の壁、またはビジネスのやり方が明らかに異なる場合はそうです。アフィニティグループは、ヒスパニック商工会議所などの大規模な組織や専門家団体、またはイーライリリーの中国文化ネットワークなどの過小評価された民族をメンバーとする社内グループで人気を博しています。製薬コングロマリットは、文化の違いを埋め、職場内およびそのグローバルな場所全体で生産的な仕事上の関係を確立するために、アフィニティグループを組織しています。