WindowsXPを使用してスタートアップCDを作成する方法

インストールされているWindowsXPオペレーティングシステムからの起動に問題がある場合(マルウェア攻撃後にシステムファイルが破損している場合など)は、起動CDを使用してコンピュータを起動し、診断を実行する必要があります。Windowsには起動CD(ブータブルディスクとも呼ばれます)が付属していますが、元のCDが利用できない場合は、新しいCDを作成できます。Windows XPに組み込まれているユーティリティを使用して、起動可能なMS-DOSディスクを作成できます。または、Windows XPファイルのイメージを作成して、起動可能なディスクとして使用することもできます。

1

空のCDをコンピュータのCDバーナードライブに挿入します。

2

オペレーティングシステムに付属していないアプリケーションを使用している場合は、CDバーナーソフトウェアを起動します。

3

Windowsの[スタート]ボタンをクリックし、[スタート]メニューから[マイコンピュータ]オプションを選択します。

4

「リムーバブルストレージを備えたデバイス」セクションの下にあるCDの名前を右クリックし、メニューの「フォーマット」オプションをクリックします。フォーマットすると、ディスクに保存されている情報がすべて消去されるため、空のCD-Rを使用しているか、CD-RWに保存した情報のバックアップコピーを作成してください。

5

オプションのリストから「MS-DOS起動ディスクの作成」をクリックします。

6

「スタート」をクリックして、スタートアップCDを作成します。