AppleiPadの画面解像度

Appleは2013年3月の時点で3つの異なるiPadモデルを販売しています:iPad 4、iPad Mini、iPad2。他の2つのモデル、元のiPadとiPad3は廃止されました。これらのモデルは、さまざまな仕様と画面解像度をカバーしており、ビジネスで使用するために購入する際に考慮する必要があります。

第4世代iPad

最近発売された第4世代iPadは、一部ではiPad 4と呼ばれ、9.7インチの画面全体で2,048 x 1,536ピクセル、解像度264ピクセル/インチのRetinaディスプレイを誇っています。クアッドコアグラフィックスを提供するデュアルコアA6Xプロセッサがそれを強化します。このデバイスは黒または白で利用でき、16 GB、32 GB、64 GB、または128 GBのオンボードストレージが付属しており、Wi-FiのみまたはWi-Fiとセルラー接続機能を使用して購入できます。9.5 x 7.31 x 0.37インチのサイズで、ユニットの重量は1.44ポンドです。

アイパッドミニ

iPadMiniはiPad4と同時に発売されましたが、iPad 2と同じ画面解像度を共有しています:1,024 x768ピクセル。これらのピクセルは対角7.9インチの小さな画面サイズに広がるため、iPad2の132ppiとは対照的に、1インチあたりのピクセル数は163に引き上げられます。iPadMiniにはデュアルコアA5プロセッサと16GB、32GB、または64GBのストレージ。大型モデルと同様に、iPad Miniは白または黒のいずれかで入手でき、より高価な価格でセルラーデータ接続を選択できます。

その他のモデル

オリジナルのiPadとiPad2として知られる第2世代のiPadはどちらも、132ppiで動作する1,024x768ピクセルの画面解像度を提供します。第3世代のiPad3は、2,048 x1,536ピクセルまたは264ppiの同じ画面解像度を、それを置き換えた新しいiPad4と共有しています。これらすべてのiPadモデルの画面サイズは9.7インチです。

AppleのRetinaディスプレイ

「Retinaディスプレイ」という用語は、個々のピクセルを識別できないほど細かい画面解像度を指すためにAppleが使用するラベルです。デバイスをRetinaとして認定するために固定仕様は使用されていません。計算は画面のサイズと使用距離に依存するため、iPhoneとMacBook Proはどちらも、1インチあたりのピクセル数を同じにすることなくRetinaディスプレイを搭載できます。 。 iPhone 4は、Retinaディスプレイを搭載したものとして分類された最初のApple製品でした。 iPadでは、第3世代および第4世代のモデルにこのラベルが付けられています。