Webサイトをブロックするようにルーターを構成する方法

特定のWebサイトは、従業員の仕事を邪魔するだけでなく、会社にセキュリティリスクをもたらします。Facebookやその他のソーシャルネットワーキングサイトは、ハッカーがソーシャルエンジニアリングを使用してユーザーをだましてウイルスをダウンロードさせるため、マルウェアの標的になることがよくあります。ワーカーが許可されていないWebサイトにアクセスするのを防ぐには、特定のキーワードとドメインをブロックするようにルーターを構成します。

NETGEAR

1

ネットワークに接続します。次のWebアドレスに移動します:192.168.1.1

2

パスワードとして「password」または「1234」を使用し、「Enter」を押します。最初のオプションが機能しない場合は、2番目のオプションを使用してください。

3

コンテンツフィルタリングの下の「サイトをブロックする」を選択します。「ドメインブロック」をクリックし、「常に」を選択します。

4

ブロックするドメインを空白のフィールドに入力します。たとえば、Facebookをブロックするには、フィールドに「facebook.com」と入力します。

5

「ドメインの追加」をクリックして、Webサイトをブロックします。ブロックするドメインごとにこの手順を繰り返します。ブロックされたすべてのドメインを入力したら、[適用]をクリックしてネットワークにフィルターを設定します。

Linksys

1

Linksysルーターに接続します。Webブラウザーから、引用符なしでアドレス「192.168.1.1」に移動します。

2

「パスワード」フィールドに「admin」と入力します。「OK」をクリックして、Linksysデバイスにサインインします。

3

「アクセス制限」をクリックします。[アクセスブロックポリシー]ドロップダウンメニューから番号を選択します。

4

ポリシーの名前を作成し、[有効]を選択します。「リストの編集」をクリックします。

5

制限するコンピューターまたはデバイスの物理アドレスを[MACアドレス]フィールドに入力します。

6

[拒否]をクリックします。「毎日」と「24時間」が選択されていることを確認します。ブロックするWebサイトをURLフィールドに入力します。[設定を保存]をクリックして、ネットワーク上のWebアクセスを制限します。

TRENDnet

1

TRENDnetルーターに接続し、Webブラウザーから次のURLに移動します:192.168.10.1

2

プロンプトが表示されたら、両方のログインフィールドに「admin」と入力します。「Enter」を押して続行します。

3

「詳細」を選択し、「Webフィルタ」を選択します。[有効にする]をクリックしてから、ブロックするアドレスを[Webサイト]フィールドに入力します。

4

「保存」をクリックして、ネットワーク上のWebサイトをブロックします。上記の手順を繰り返して、追加のサイトをブロックします。