MacBookProで音声を録音する方法

コンピューターですばやく音声を録音する機能は、中小企業の経営者にとって便利なツールです。いくつかの音声メモを作成する場合でも、音声による説明録音を作成する場合でも、MacBookProのGarageBandアプリケーションを使用して録音できます。このアプリケーションはミュージシャン向けに設計された多くの複雑な機能を提供しますが、その「音声」機能を使用して音声を録音し、録音をオーディオファイルとしてエクスポートできます。

1

MacBookProでGarageBandアプリを開きます。新しいファイルを開き、録音オプションを表示しているウィンドウの[音声]オプションをクリックします。

2

[名前を付けて保存]フィールドに録音のタイトルを入力します。「場所」というラベルの付いたドロップダウンメニューを使用して、録音ファイルを保存するコンピューター上の場所を選択します。「作成」ボタンをクリックして、録音ウィンドウを開きます。

3

男性の場合は、左側のサイドバーにある[男性の基本]オプションをクリックします。女性の場合は、左側のサイドバーにある[女性の基本]オプションをクリックします。

4

ウィンドウの下部にある赤い「記録」記号でマークされたボタンをクリックして、記録を開始します。「再生」記号の付いたボタンをクリックすると、録音が​​停止します。必要に応じて、[録音]ボタンをもう一度クリックして録音を再開し、[再生]ボタンをもう一度クリックして停止することができます。

5

画面上部のプログラムメニューの[共有]オプションをクリックし、[曲をディスクにエクスポート]を選択して、広く互換性のあるファイルとしてコンピュータに保存します。必要に応じてファイルサイズを小さくするには[圧縮]オプションを選択し、[AACエンコーダー]または[MP3エンコーダー]を選択します。下のドロップダウンメニューを使用して、[低品質]、[中品質]、[高品質]、または[最高品質]のいずれかを選択します。品質が高いほど、ファイルは大きくなり、エクスポートに時間がかかります。「エクスポート」ボタンをクリックします。

6

エクスポートされた音声ファイルの名前を入力し、プロンプトが表示されたらエクスポート先の場所を選択します。ファイルがエクスポートされ、録音した音声ファイルが指定したフォルダーに表示されるのを待ちます。