財務比率の解釈方法

数十の財務比率があり、それらの意味は、事業主が会社の財務状態を評価するのに役立ちます。財務比率は、流動性、収益性、負債、経営成績、キャッシュフロー、投資評価の6つの主要な分析領域に分けることができます。財務比率を解釈するには、損益計算書と貸借対照表を理解する必要があります。

財務比率の定義

会社の財務レポートで導出された比率は、時間の経過とともに、またはレポート内の他のデータとの関係で比較を確立するために使用されます。比率は1つの数値を取り、それを別の数値に分割して、必要に応じて後でパーセンテージに変換できる小数を決定します。

たとえば、デットエクイティレシオは会社のデット負債を見て、それを資産エクイティで割ります。会社の負債が$ 200,000、資本が$ 100,000の場合、負債と資本の比率は2になります($ 200,000 / $ 100,000 = 2)。これは、会社が2ドルの負債ごとに1ドルの資本を持っていることを意味します。この場合、1に対する比率が大きいほど、会社の長期的な財務問題につながる可能性のある債務問題の増加として解釈されます。

主要な財務比率

主要な財務指標を評価することは、すべての事業主が精通している必要があります。各主要な財務比率が何を評価しているかを理解することにより、財務諸表をすばやく確認して比率をより簡単に導き出すことができます。

  • 流動性測定比率:これらの比率は、企業が短期の金融債務を履行できるかどうかを定義します。流動資産から短期負債までを考慮しています。

  • 収益性指標比率:これらの比率は、売上原価または営業費用から得られる利益額を考慮します。粗利益率と純利益率の両方があります。

  • デットレシオ:デットレシオは、企業が保有するデットの量と、デットを返済するために保有する資産を考慮した、上記のデットエクイティレシオのようなものです。

  • 営業成績比率:これらの比率は、効率を決定するために、固定資産の売上高や従業員あたりの売上高に対する売上高などの数値を調べます。効率的な会社は一般的に収益性を改善します。

  • キャッシュフロー指標比率:企業は、営業費用を支払い、事業を成長させ、利益剰余金のセーフティネットを作成するのに十分なキャッシュフローを生み出す必要があります。営業活動によるキャッシュフローを売上高比率で割ると、新規顧客の獲得にかかる費用が決まります。

  • 投資評価比率:これらの比率は、投資家が企業への既存または新規の投資の実行可能性を判断するのに役立ちます。たとえば、株価収益率は、企業が株主への収益1ドルあたりに支払う金額を提供します。

企業の大小の使用率を使用して、企業の内部傾向を評価し、時間の経過に伴う成長を定義します。上場企業の数ははるかに多いかもしれませんが、すべての事業主は同じデータを使用して、次の企業の会計サイクルを戦略的に計画できます。

財務比率の分析と解釈

財務比率の分析と解釈は、数字が何を示しているかを考えるのをやめるときに論理的です。負債に関して言えば、負債が少なく資産が多いほど、企業は財政的に強くなります。したがって、1未満の比率は、5の比率よりも強力です。ただし、管理されている限り、成長期間中に負債を引き受けることは戦略的に有利な場合があります。

キャッシュフローマージン率は、企業が売上を実際の現金にどれだけうまく変換できるかを計算します。これは、営業キャッシュフローを損益計算書に記載されている純売上高で割って計算されます。営業キャッシュフローの比率またはパーセンテージが高いほど、優れています。

利益率についても同様です。製品の製造に20ドルかかり、45ドルで販売される場合、粗利益マージンは、売上原価から売上原価を差し引き、この結果を収益で割ることによって計算されます[0.55 =(45ドル-20ドル)/ 45ドル]。この比率が高いほど、製品あたりの利益が大きくなります。