トレンド予測とは何ですか?

傾向予測は、過去の売上や市場の成長を調べ、そのデータから考えられる傾向を判断し、その情報を使用して将来何が起こるかを推定するための複雑ですが便利な方法です。マーケティングの専門家は通常、トレンド予測を使用して、潜在的な将来の売上成長を判断します。ビジネスの多くの領域で予測を使用できます。販売に関連する概念を調べると、この戦略を理解するのに役立ちます。

ヒント

トレンド予測は、過去に起こったことに基づいて、ビジネスの将来がどのように見えるかを把握する行為です。

時系列とトレンド

トレンド予測は定量的予測です。つまり、その予測は過去の具体的で具体的な数値に基づいています。時系列データを使用します。これは、さまざまな時点で数値がわかっているデータです。通常、この数値データはグラフにプロットされます。横軸のx軸は年などの時間をプロットするために使用され、yデータは予測しようとしている情報(売上高や人々の数。時系列グラフに表示される傾向のあるパターンには、いくつかの異なるタイプがあります。

データの一定パターン

たとえば、売上高を見ると、時間の経過とともに売上高の純増減がない場合に一定の傾向が見られます。売上高は特定の日付で増減する可能性がありますが、全体的な平均は同じままです。ただし、平均結果が1年以内に同じであっても、季節的な変化が生じる可能性があります。たとえば、年間の平均は同じですが、販売レベルは夏に一貫して高く、冬に低くなる可能性があります。

データの線形パターン

線形パターンは、時間の経過とともに数が着実に減少または増加することです。グラフでは、これは対角線上または下向きの直線として表示されます。たとえば、誰かがVCRの売上を見ると、対角線が下向きになっているのがわかります。これは、VCRの売上が時間の経過とともに着実に減少していることを示しています。

指数パターンを理解する

指数パターンは、思ったよりも単純です。時間の経過とともにゆっくりと着実に増加するのではなく、指数パターンは、データが時間の経過とともに増加する速度で増加していることを示します。このタイプのグラフは、対角線上を指す直線の代わりに、レートが増加している場合、後年の最後のポイントが最初の年よりも高い曲線を示します。売上高の指数関数的な傾向は、初期の売上高が非常に遅いことを示している可能性がありますが、より多くの人々がそれを購入することに興味を持つようになるにつれて、製品は毎年ますます人気が高まっています。

より複雑なパターン

傾向予測は、定数、線形、指数グラフよりもはるかに複雑なパターンを処理することもできます。たとえば、減衰傾向は、何年にもわたって全体的な売上の増加があり、その後突然停止したことを示している場合があります。多項式の傾向は、徐々に増加し、その後、時間の経過とともに売上が停滞し、その後売上が減少する可能性があります。

パターンを使用した予測

何年にもわたるデータを見てパターンを見つけると、この情報を使用して将来のパターンを予測できます。トレンドとは、同じ一連のイベントが何度も発生していることを意味します。たとえば、毎年一定の売上があり、冬の売上が減少し、夏の増加が相殺される傾向がある場合、このパターンを使用して、冬の売上が引き続き低いと予測することができます。実行に移すと、店長は冬に追加の製品を提供して、予想される売上の減少をヘッジするのに役立つ可能性があります。

ただし、グラフを見ただけでは予測はすぐにはできません。予測担当者は、グラフのパターンを数式に変換して、将来何が起こるかを正確に予測することができます。多くの場合、組み込みの傾向予測ツールが付属するスプレッドシートソフトウェアを使用します。

注意してトレンド予測

傾向予測は科学的ですが、不確実でもあります。予測が適用される期間が長くなるほど、結果は不確実になります。株式市場の低迷による消費者行動の変化や、特定のテクノロジーへのユーザーのアクセスの劇的な変化など、安定したパターンを混乱させる予期しないイベントが発生する可能性があります。パターンが複雑に見えるほど、トレンド予測は不確実になります。