給与を稼ぐ方法

給与を発生させるとは、従業員が稼いだがまだ支払われていない給与と賃金を特定することを意味します。未払費用を支払った後、経費勘定を相殺するために給与仕訳帳に調整エントリを作成します。給与を発生させる必要があるかどうかは、従業員への支払い方法によって異なります。

識別

サラリーマンに半月ごとに支払う場合、彼らは現在支払われるので、給与は発生しません。たとえば、毎月15日と最終日に支払われる場合があります。前者には1日から15日までの給与が含まれ、後者には16日から最終日までの給与が含まれます。この場合、各支払いは、支払い日と一致する支払い期間の終わりまでに獲得した給与を構成します。ただし、従業員に現在の給与が支払われていない場合(通常、週給または隔週給の時間給の従業員で発生します)、給与が発生します。たとえば、1月31日までに稼いだ隔週の賃金を2月上旬に支払うには、給与の発生が必要です。

賃金と控除

給与計算を行うときは、問題の給与日の給与期間終了日を使用してください。たとえば、1月13日から1月19日までの週給を1月25日に支払う場合は、1月19日を発生日として使用し、賃金は1月25日に支払われることに注意してください。賃金費用勘定に次のように入力します。借方として支払われた総賃金。次に、個々の給与控除の合計をクレジットとしてリストします。このような控除には、連邦所得税、州所得税、FICA税、賃金保証、健康保険および401(k)が含まれます。クレジットを追加し、合計をクレジットとしてネット給与買掛金勘定に入力します。クレジットの合計は、デビットの合計と一致する必要があります。

雇用者の責任

発生日の別のエントリとして給与負債を記録します。各負債の合計を借方として入力し、それらをそれぞれの買掛金勘定への貸方として相殺します。たとえば、FICA税、労働者災害補償、401(k)マッチ、および連邦および州の失業税に対する責任を個別の借方として記録します。次に、買掛金勘定で、これらすべての借方の合計を貸方として入力します。

送金

給料日に、見越額を相殺するには、見越日ではなく実際の支払日を使用します。正味給与支払額を借方として記録し、それを現金勘定への貸方として相殺します。借方として送金したすべての給与源泉徴収および給与経費を記録します。借方を追加し、合計を貸方として現金口座に相殺します。

考慮事項

会計月または会計年度の終わりに、賃金が1か月で獲得されたが、別の月で支払われた場合は、給与が発生します。発生日と賃金が支払われる月と日付に注意してください。給与を発生させる必要がない場合は、各支払い期間の終わりに給与入力を行うだけです。これは、支払い日に一致する必要があります。