ゲートウェイでオペレーティングシステムをリセットする方法

オペレーティングシステムのシステムファイルに変更を加えると、コンピュータが不安定になり、奇妙な方法で動作し始めることがあります。そのコンピューターを使用してビジネスを運営している場合、ビジネスの運営に使用できる貴重な時間と労力が無駄になる可能性があります。ゲートウェイコンピューターを使用している場合は、コンピューターのシステムの復元ツールを使用して、オペレーティングシステムを元の構成にリセットできます。多くの場合、これにより、発生している問題が解決され、ビジネスに戻ることができます。

1

コンピュータの電源を切り、数秒待ってから電源を入れ直します。

2

画面にゲートウェイのロゴが表示されたら、「F8」キーを押し続けます。Windowsの詳細オプションメニューが表示されたら、「F8」キーを放します。

3

下矢印キーを押して下にスクロールし、「コマンドプロンプト付きのセーフモード」を強調表示します。「Enter」を押します。

4

「起動するオペレーティングシステムを選択してください」ウィンドウに表示される選択肢から、使用しているオペレーティングシステムを選択します。「Enter」を押します。

5

次の画面で管理者のユーザー名とパスワードを入力します。ログインすると、コマンドプロンプト画面が表示されます。

6

コマンドプロンプトページに次のテキストを入力します。

c:\ windows \ system32 \ restore \ rstrui.exe。

「Enter」を押します。これにより、グラフィカルユーザーインターフェイスのシステムの復元ツールが起動します。

7

[次へ]ボタンをクリックし、画面の指示に従ってシステムの復元を完了します。

8

コンピュータを再起動してください。これで、オペレーティングシステムが元の構成に復元されます。