MicrosoftExcelでワークシートの向きを横向きに変更する方法

ワークシートの向きを横向きモードに変更すると、ページの高さよりも幅が広くなり、1つのページでより多くの列を表示できるようになります。この向きは、ハードコピーを作成する必要がある場合に、ページの画面上の境界線と印刷の向きに影響します。スプレッドシートの作成時にExcelのデフォルトのポートレートモードを有効のままにしておくと、スプレッドシートを印刷するときに向きを変更するオプションもあります。

ページレイアウトの使用

1

Excelの下部にある名前付きシートタブをクリックして選択します。複数のシートの向きを同時に変更するには、「Ctrl」キーを押しながら、該当するシートタブをクリックします。ブックにシートが1つしかない場合は、すでに選択されています。

2

[ページレイアウト]タブをクリックして、シートのフォーマットと配置に関連するオプションにアクセスします。

3

[ページ設定]グループから[向き]をクリックし、[横]を選択します。縦向きに戻す必要がある場合は、「縦」を選択してください。

印刷設定の使用

1

[ファイル]、[印刷]の順にクリックして[印刷]ダイアログを開き、印刷オプションを選択します。選択したシートのみを印刷する場合は、[設定]セクションの最初のドロップダウンメニューから[アクティブなシートを印刷]を選択します。

2

[設定]セクションの[縦向き]ボタンをクリックして、[横向き]を選択します。このオプションを選択すると、印刷およびExcelブック内でのシートの向きが変更されます。

3

好みのプリンタの選択やシートの拡大縮小など、その他の該当する設定を調整します。印刷する準備ができたら、[印刷]をクリックします。