売掛金で回収した現金を転記する方法

クレジットでの販売は、オープンアカウントと顧客の残高を追跡する必要があることを意味します。総勘定元帳の売掛金勘定に顧客の入金を記録して、勘定の未払い残高を減らします。会計等式の両側を理解すると、取引を正確に転記し、元帳の問題を回避できます。

1

支払いを適用する請求書を特定します。支払い金額が顧客が受け取った請求書と一致するか、販売割引を正確に反映していることを確認してください。

2

元帳の売掛金勘定に対する支払いを認識する仕訳を作成します。支払いは売掛金勘定への貸方として記録されます。受け取ったお金を支払いとして認識するために、現金口座に同額の対応する借方を作成します。たとえば、請求書の1,500ドルの支払いは、「売掛金」への1,500ドルの貸方と、「現金」への1,500ドルの借方として元帳に転記されます。

3

顧客が現金割引を利用する場合は、仕訳をわずかに変更します。請求書の全額を売掛金勘定に貸方として転記し、売掛金を減らします。銀行に預け入れられた実際の支払いを反映して、実際に受け取った金額を借方として現金口座に転記します。差額を販売割引元帳勘定への借方として記録します。たとえば、顧客が5%の販売割引で$ 1,200の請求書を支払った場合、「売掛金」に$ 1,200をクレジットします。エントリのバランスをとるには、「現金」を$ 1,140で借方に記入し、「販売割引と手当」を$ 60で借方に記入します。