WindowsXPでコンピュータ管理者アカウントを削除する方法

ユーザーアカウントを管理すると、許可された関係者だけが会社のコンピューターにアクセスできるようになります。Windows XPには、不要な管理者アカウントを削除できる専用のユーザーパネルがあります。ただし、Microsoftは、最初に管理者アカウントを無効にして、無効にしてもコンピューターの機能に影響がないことを確認することをお勧めします。アカウントを無効にして悪影響がないことを確認したら、アカウントの削除に進むことができます。

アカウントを無効にします

1

デスクトップの「マイコンピュータ」アイコンを右クリックし、表示されるポップアップメニューで「管理」を選択します。

2

[ローカルユーザーとグループ]ノードを展開し、[ユーザー]を選択してユーザーアカウントのリストを読み込みます。

3

無効にする管理者アカウントをダブルクリックします。

4

「一般」タブをクリックして、選択したアカウントの一般設定画面をロードします。

5

[アカウントが無効になっています]チェックボックスにチェックを入れ、[OK]をクリックしてアカウントを無効にします。

アカウントを削除する

1

「スタート」ボタンをクリックし、「コントロールパネル」を選択します。

2

[パフォーマンスとメンテナンス] | [管理ツール] | [コンピューターの管理] | [システムツール]をクリックします。

3

「ローカルユーザーとグループ」をクリックして、コンソールツリーをロードします。

4

「ユーザー」をクリックして、コンピューターにユーザーアカウントのリストをロードします。

5

削除する管理者アカウントを右クリックし、表示されるポップアップメニューの「削除」をクリックします。コンピューターの設定によっては、選択したユーザーを削除するかどうかの確認を求められる場合があります。