拘束力のある約束手形の書き方

あなたのビジネスが誰かにお金を貸しているのか、あなたが個人的にお金を貸しているのかに関わらず、拘束力のある約束手形を書くとき、それは貸し手と借り手の間の法的契約です。約束手形は通常、銀行、貸し手、弁護士によって書かれますが、適切に書かれた約束手形は、2人の個人が締結した場合と同じように合法です。

1

ページ上部に約束手形の執筆日を記入してください。

2

メモの金額を書いてください。小切手を書くのと同じように、数値と長い形式(単語で書かれている)で書かれたローンの金額を追加します。

3

メモの用語を説明してください。毎週、毎月、または四半期ごとの支払いなど、借り手がローンを返済する方法を説明する説明を書きます。月、日、年を書き留めて、最初の支払い期日を記入してください。その後のローンの支払い期日と月も記載してください。最後に、メモに最終支払いの最終日と月を示します。

4

金利を書いてください。ローンの金利をパーセント記号付きの数値と長い形式で説明します。金利が固定金利か変動金利かを述べてください。

5

メモが保護されているか保護されていないかを記述します。借り手が担保を使ってローンを担保している場合は、約束手形にその旨を記載してください。たとえば、ローンが住宅または商業用不動産によって担保されている場合は、不動産の住所と建物の種類(住宅、倉庫)の説明を含めて、メモにその旨を記載してください。

6

貸し手と借り手の両方の名前をメモに含めて、どちらの人がどちらであるかを示します。

7

各支払いが郵送される完全な郵送先住所を記入してください。

8

各借り手は、ローンの返済義務を認めるために、自分の名前を印刷して署名し、約束手形に日付を記入する必要があります。