「画像は著作権の対象となる可能性があります」とはどういう意味ですか?

画像が著作権の対象となる可能性がある場合は、画像のコレクションに、許可なく使用できる場合に法的な制限があることを意味します。あなたがあなたのビジネスの過程で写真、チャートまたは他の画像を生成する場合、著作権法はあなたを他の人々が許可なく使用することからあなたを保護します。ただし、自分のWebサイトの無料画像はどこにありますかまたは、使用する画像を探している場合は、選択した画像に対して適切な権利があることを確認してください。そうしないと、法的な結果に直面する可能性があります。

著作権の原則を理解する

著作権法は、著作物、音楽、写真、ビデオなどの創造的な作品を使用する権利を誰が持つかを規定しています。米国では、作品を作成した個人または組織は通常、少なくとも数十年間それを使用する独占的権利を持っています。その後、作品はパブリックドメインに渡され、誰でも無料で使用できます。著作権で保護された作品を許可なく使用または配布した場合、多額の金銭で訴えられたり、連邦法に基づいて起訴されたりする可能性があります。

著作権法の背後にある考え方は、人々がさまざまな形の芸術や有用な文章や画像を作成するインセンティブを提供するというものです。これにより、作品の作成者は、他の誰かが自分の作品を無料で配布しないことを知って生計を立てることができます。

著作権者は、法的な合意を通じて、他人に権利を所有する写真やその他の作品の使用を許可することができます。これは通常、ライセンス契約と呼ばれます。

ストックイメージとクリップアート

いくつかの組織は、ストック画像と呼ばれる写真やその他の画像のライブラリへのアクセスを提供しています。これらの写真は、多くの場合、多くの目的でWebフォームに記入することにより、迅速にライセンスを取得できます。一部の組織では、各写真に個別にライセンスを付与しなくても使用できるストック画像のライブラリをサブスクライブできますが、指定した時間枠で使用できる数に制限がある場合があります。

クリップアートと呼ばれる画像も同様の目的を果たします。写真ではなくイラストですが、通常、印刷物やオンライン配布で使用するために、比較的無制限にライセンスを取得できます。

ビジネスまたは個人的な使用のために購入するストックフォトまたはクリップアートのライセンス条項を必ず理解してください。広告での使用を禁止したり、作成できる物理コピーの数を制限したりするなど、使用方法を制限するものもあります。ライセンスの条件に違反した場合、あなたは訴えられる可能性があります。

クリエイティブコモンズライセンス

一部の写真やその他の画像は、クリエイティブコモンズの条件に基づいてライセンスされています。クリエイティブ・コモンズは、クリエイターが作品に適用し、特定の状況下で無料使用できる一連のライセンスを公開する組織です。

さまざまなクリエイティブコモンズライセンスは許可されるものが異なり、そのようなライセンスで公開された一部の作品はすべての状況で使用できるとは限らないことに注意してください。たとえば、画像の変更を許可しないものもあれば、商用利用をまったく許可しないものもあります。

クリエイティブコモンズのウェブサイトの検索ツールを使用して、この方法でライセンスされた画像を見つけることができます。

パブリックドメイン

画像やその他の作品が長い間存在していると、それらは著作権の対象ではなくなり、パブリックドメインに移行します。つまり、誰でもどのような状況でもそれらを使用できます。ただし、連邦政府によって作成された多くの作品は自動的にパブリックドメインになり、一部のアーティストは著作権を保持している間に作品をパブリックドメインに捧げます。

作品がパブリックドメインに入るには通常数十年かかります。著作権の長さは、作成者がいつ亡くなったかなどの要因によって異なるため、パブリックドメインにある作品をすぐに知ることは容易ではありません。作品がパブリックドメインにあるかどうかわからない場合は、通常、それを避けるのが最善です。

著作権フレーズの対象

画像が著作権の対象となる可能性があることを警告する免責事項がウェブサイトに表示されている場合、それは通常、それらの画像を使用できないことを示しています。

そのような免責事項が表示されない場合でも、明示的なライセンスがない場合、または作品がパブリックドメインであるという確固たる知識がない場合は、画像を使用する許可がないと想定するのが最善です。