ラップトップの安全なGPU温度とは何ですか?

ラップトップのGPUは、多くの場合、最も熱を発生するコンポーネントです。グラフィックスプロセッシングユニットまたはグラフィックスカードとも呼ばれ、写真やビデオの編集など、グラフィックスを多用するプロジェクトで作業している場合は、非常に熱くなる可能性があります。メーカーはGPUの仕様書に最高温度を記載している場合がありますが、常にそうであるとは限りません。一般に、GPUの最大温度は、摂氏約94〜105度、または華氏201〜221度の範囲です。

ラップトップの常温はどれくらいですか?

ラップトップは、すべての電子機器と同様に、極端な温度で使用するようには設計されていません。LCD(液晶ディスプレイ)の画面は、極端な低温に置かれるとフリーズする可能性があります。一般に、ラップトップを使用するための安全な温度範囲は、華氏50〜95度、または摂氏10〜35度です。

ラップトップのグラフィックカードの温度が高くなりすぎると、通常、温度が下がるまで、それ自体で電力使用量が減少します。これでは熱をすばやく下げるのに十分でない場合、ラップトップ自体がシャットダウンし、内部温度が安全なレベルに達するまでラップトップを再びオンにすることはできません。

ラップトップを安全に保管する

ラップトップを極端な高温または低温に長時間放置しないでください。たとえば、極寒の中で一晩車のトランクに置いたままにすると、凍結したラップトップが恒久的に損傷し、すべてのデータが失われる可能性があります。

ラップトップが極端な温度になっている場合は、電源を入れる前に室温に戻してください。ブロードライヤーや加熱パッドで冷たいラップトップを暖めようとしないでください。同様に、熱いラップトップをアイスパックで冷やしたり、冷蔵庫に入れたりしないでください。温度の急激な変化は、極端な温度と同じくらい損傷を与える可能性があります。

ノートパソコンを安全に使用する

ラップトップやその他の電子機器を効果的に動作させるには、良好な空気循環が不可欠です。デスクトップコンピュータは大きいため、ラップトップよりも多くの空気の流れが利用可能であり、内部に多くのファンとヒートシンクを取り付けることができます。ラップトップには、これらのコンポーネントやそれほど多くの空気の流れのためのスペースがありません。さらに、ラップトップに電力を供給するバッテリーは大量の熱を発生し、デバイスの冷却システムにさらに大きな負担をかけます。

ラップトップをできるだけ涼しく保つために、使用中は通気口に障害物がないことが重要です。さらに、ケース自体を空気にさらす必要があります。ラップトップがまだケースやラップトップバッグに入っている場合など、表面が覆われているときは、ラップトップを使用しないでください。

ベッド、クッション、膝などの柔らかい面にラップトップを置くと、熱放散が妨げられる可能性があります。ラップトップをプリンタなどの別の発熱デバイスに近づけすぎると、ラップトップが過熱する可能性があります。

ノートパソコンの修理を依頼する時期

暖かい環境でラップトップを定期的に使用する場合は、冷却スタンドの購入を検討することをお勧めします。これにより、ケース周辺の空気の流れが増加します。一部のスタンドには、熱放散を加速するためのファンが設計に含まれています。

ほこりの薄い層でさえ、冷却の問題を引き起こす可能性があります。ノートパソコンが触ると熱くなる場合は、通気口とファンにほこりが付いていないことを確認してください。通常、ほこりをきれいにするには、通気口とファンに吹き付けられたきれいな圧縮空気の缶で十分です。

これらの解決策のいずれもラップトップの温度を下げるのに役立たない場合は、それを購入した製造元または小売業者に連絡する必要があります。ラップトップが保証対象外の場合は、技術者に確認してもらう必要があります。