他の人がGmailを持っていない場合、ドキュメントを共有できますか?

Googleドキュメントを使用すると、ドキュメントで他の人とリアルタイムで共同作業を行うことができます。これにより、グループドキュメントを簡単に更新し、他のユーザーから入力を得ることができます。このサービスを使用する場合、Gmailアカウントを持っている人だけにドキュメントを送信する必要はありません。GoogleドキュメントはGmailユーザーに限定されていません。

Googleアカウント

Gmailアカウントを持っている必要はなく、ユーザーはGoogleアカウントのみを必要とします。ユーザーは任意のメールアドレスでGoogleアカウントを設定できます。Googleアカウントを設定する場合は、新しいアカウントページに移動し、既存のメールアドレス、パスワード、その他の個人情報を入力するだけです。これにより、ドキュメント、AdSense、ウェブマスターツールなど、Googleが無料で提供しているすべての製品にアクセスできます。

Googleドキュメントへのアクセス

Googleドキュメントでドキュメントを作成すると、他のユーザーにドキュメントへのアクセスを許可する権限が与えられます。Googleドキュメントの[このドキュメントを共有]セクションに移動すると、メールアドレスを入力するオプションが表示されます。メールアドレスを送信すると、その人にメールが送信されます。メール内のリンクをクリックすると、ログイン画面が表示されます。ドキュメントにアクセスするには、Googleアカウントが必要です。

インスタントアクセス

リンクをクリックした個人がGoogleにサインインするとすぐに、彼女はドキュメントに移動します。その時点で、ドキュメントに含めたものはすべてその人に表示されます。新しいユーザーがドキュメントに変更を加えると、ドキュメントを表示しているときに画面に表示されます。これにより、作業を複製することなく、他の人と同時にドキュメントで作業することができます。

Webへの公開

考慮すべきもう1つのオプションは、ドキュメントをWebに公開することです。Googleドキュメントプログラムを使用すると、作成したドキュメントを他のウェブページと同じように簡単に公開できます。次に、Webアドレスを表示したい他の人に渡すだけです。これを行うと、他のユーザーはドキュメントを編集できなくなります。このオプションは基本的に、読者がドキュメントをチェックアウトするためのWebサイトを作成します。これを表示するためにGmailやGoogleアカウントにアクセスする必要はありません。