小配達事業を始める方法

最小限の初期費用で中小企業を立ち上げたい場合は、宅配便または小規模の配達サービスが最善の策かもしれません。機器に多くの費用をかける必要はなく、教育や経験の要件もありません。また、数え切れないほどの潜在的な顧客がすぐに利用できます。宅配便を地上に出すには、車両、台車、携帯電話が必要です。

何が必要

すでに車両をお持ちの場合は、ホームセンターへの1回の旅行で、必要な他のすべての機器を入手できます。全体として、次のことを確認する必要があります。

  • 貨物バン、ボックストラック、またはピックアップトラック–できれば燃料効率の良いもの。小さな荷物だけを配達する場合は、SUVまたはコンパクトカーで十分かもしれません。

  • 少なくとも1つの台車

  • 貨物を固定するためのラチェットストラップのセット

  • 携帯電話、できれば個人の電話とは別に、特にビジネス関連の通話用

合法性を見落とさないでください。個人事業主または有限責任会社として事業を立ち上げ、事業許可の要件については、地元の郡書記または歳入委員会の事務所またはWebサイトに確認してください。

入門

機器をまとめて必要なライセンスを取得したら、ビジネスモデルの概要を説明します。

  1. 配信境界を決定します。これはあなたの顧客基盤を狭め、ガスとマイレージの支出に上限を設けます。
  2. 仕事をしたい曜日と時間を決定します。
  3. 地元の食料品店、レストラン、法律事務所、ドライクリーニング店など、配達を契約する可能性のあるビジネス連絡先のリストを作成します。
  4. あなたのビジネスを宣伝します。サービスエリアにチラシを掲示し、名刺を配り、Facebook広告など、エリアごとにターゲティングできるオンライン広告オプションを使用します。その最初のビジネスを強化するために、クーポンも提供することを検討してください。

予算を作成する

他の中小企業と同様に、ビジネスプランが必要になりますが、おそらく自宅で仕事をしているため、プランは主に経済的費用と要件で構成されます。

顧客への請求方法を決定します。サービスのベースライン価格を作成し、時間単位またはマイル単位で料金を設定します。平均して、自動車、ピックアップトラック、ミニバンなどの軽自動車を使用する宅配便業者は、1時間あたり約36ドルを稼ぎます。より長いルートには、燃料またはマイレージの追加料金を追加することを検討してください。

あなたの収入がどのように機能するかを概説した後、あなたの費用を見積もります。広告費、燃料および車両のメンテナンス、自動車保険、貨物保険、場合によっては賠償責任保険を考慮に入れてください。

最終的に配達車両に従業員または車両を追加する予定がある場合は、それを可能にする利益目標を作成します。

あなたの評判を維持します

配送事業を軌道に乗せた後、リピーターとの永続的な関係を確立したいと考えています。

15回の配達ごとの無料配達や、週に特定の数の配達に対して定額料金を提供する企業向けのパッケージ取引などのロイヤルティプログラムを作成することを検討してください。何があなたをあなたの顧客にとって最良の取引にするのかを理解し、あなたの強みを発揮してください。