職場で効率を上げる方法

職場での効率は、1人の従業員が1日の作業で完了する作業、または特定の期間に部門またはチームが完了する作業によって定義されます。効率的な従業員は仕事を完了するために一生懸命働きます。つまり、会社は同じ時給でより多くの仕事を完了することができます。従業員が仕事に飽きていたり、目の前の仕事をやる気がない場合は、オフィスの効率が低下し、締め切りが迫る可能性があります。従業員の中断に注意を払い、専門家のモチベーションを高めることにより、オフィスの効率を高めます。

1

従業員が職場やオフィスで効率的でない理由を特定します。それは1つの理由ではないかもしれません。問題の仕事に飽きて効率が悪い従業員もいれば、悪い習慣として先延ばしにする従業員もいます。効率性の欠如の背後にある理由を学ぶために従業員と話してください。

2

さまざまな方向に引っ張られた後、タスクに集中するのに苦労している従業員の中断を制限します。特にタスクの期限が近づいている場合は、中断することなく集中できるようにします。頻繁に中断される従業員は、オフィスでの作業をあきらめて、次の中断を待つだけです。

3

職場で援助の手を貸す傾向がある人々のための仕事の要件を調べてください。従業員は、目前のタスクに実際に集中することなく、さまざまな方向に引っ張られ、さまざまなプロジェクトを支援するため、効率が不足している可能性があります。すべての従業員が協力できるように、責任を熱心に委任します。

4

メンターを割り当てて、日常業務に飽きている従業員や、やる気を必要とする従業員に刺激を与えます。メンターは、従業員に仕事の重要性を示し、やる気を起こさせる運動を提供します。

5

コーヒーを飲む、記事を読む、または単に電話の呼び出し音をオフにするなど、従業員が精神的な休憩を取ることができるようにします。これらの休憩は、集中した作業期間を分離します。

6

社内ニュースレターで拍手喝采するか、勤勉とオフィス貢献の盾を与えることにより、オフィスで優れた仕事を完了した従業員に報酬を与えます。認知を得ることは、他の従業員がもっと一生懸命働き、オフィス基準の模範を示すように動機付けるかもしれません。