Androidでダウンロード設定を調整する方法

Androidプラットフォームは、世界中で最も広く使用されているモバイルプラットフォームであり、多数の電話、タブレット、その他のモバイルデバイスと互換性があります。スマートフォンはビジネスを活性化することができますが、それらの多くは、管理されていない場合、請求書がすぐに手に負えなくなる可能性がある高価なデータプランを必要とします。Androidデバイスのデータセーバーオプションを使用すると、データをいつ使用するか、どのように使用できるかを決定できます。また、デバイスがWi-Fi信号に接続されるまで、大きなファイルやアプリケーションがダウンロードされないようにすることもできます。

1

ホーム画面の「設定」アイコンをタップします。一部のDroidデバイスでは、ホーム画面をロードするために「メニュー」ボタンを押す必要がある場合があります。

2

「Battery&DataManager」オプションを選択します。

3

「データセーバー」をタップし、ボックスを選択してデータセーバーを有効にします。データセーバーが有効になっている間、自動更新、ブラウザ機能、マーケットおよび電子メール機能はすべて、データ使用量を節約するように調整されます。

4

「戻る」ボタンを押して、「データ配信」オプションを選択します。ここでは、バックグラウンドデータ配信を選択または選択解除したり、ローミング中にデータの使用を許可するかどうかを選択したり、モバイルデータをオフまたは完全にオンにすることを選択したりできます。[アプリケーションデータ配信]メニューで、特定のアプリケーションのデータ配信をオンまたはオフにすることもできます。