ビジネスポリシーの重要性

すべてのビジネスには、それが運営され、物事を行う方法があります。明確なビジネスポリシーを持たない企業や企業のリーダーは、多くの場合、リーダーシップが本当に見たいと思っていることと一致しない決定を下す部下を持っています。明確で簡潔な書面によるビジネスポリシープランは、あらゆるビジネスが運用の一貫性を維持し、マイクロマネジメントの必要性からリーダーシップを解放するのに役立ちます。ビジネスポリシーが作成されて使用されるとき、会社が消費者に製品またはサービスを提供する方法の標準化があります。

ビジネスポリシーには何が含まれていますか?

ビジネスポリシーは、会社の所有者またはリーダーシップによって定義された一連のルールです。一部のポリシーは、連邦プライバシー法などの規制によって定義されていますが、その他のポリシーは、物事が特定の基準に従って行われるようにするために企業のリーダーシップによって設計されています。ビジネスポリシーは通常、操作マニュアルまたは従業員ハンドブックに記載されています。ビジネスごとにポリシーが異なる場合がありますが、どのビジネスポリシーにも同じ7つの機能があります。ビジネスポリシーは、具体的で、明確で、統一され、適切で、シンプルで、包括的で、安定している必要があります。

  • 具体的:ポリシーが具体的でない場合、実装は一貫性がなく、信頼性が低くなります。たとえば、「従業員はゲスト用駐車場に駐車することはできません。」などです。

  • 明確:ビジネスポリシーにあいまいさはありません。わかりやすい言葉で書かれています。たとえば、「雇用の即時解放は、会社の運転手が運転記録に2つのポイントを持っている結果です。」

  • 統一:方針は、経営トップから工場労働者まで誰もが従うことができる基準でなければなりません。たとえば、「建設現場に入る人は、常に保護用の帽子、靴、眼鏡を着用する必要があります。」

  • 適切:ビジネスポリシーは、組織の目標とニーズに関連している必要があります。たとえば、「差別やセクハラの告発は、調査結果に基づいて適用可能な懲戒処分で調査されます。」

  • シンプル:ポリシーは、ビジネス内で適用されるすべての人に理解されている必要があります。たとえば、「塗装された黄色の床線で指定された溶接作業から100フィート以内は禁煙です。」

  • 包括的:ビジネスポリシーは、ビジネスの小グループに関連するものではなく、広い範囲をカバーし、すべての人を含める必要があります。たとえば、「オフィスやクライアントとのミーティングでは常にビジネスウェアが必要です。」
  • 安定:これは実装を指します。インシデントが発生した場合、ポリシーは安定していて、それに従うことに迷わないようにする必要があります。たとえば、「携帯電話は会議室に持ち込めません。」などです。

ビジネスポリシーは、ビジネス、業界、または市場のパラメータを柔軟に変更できます。これらの機能をビジネスポリシーを作成するためのガイドとして使用すると、ビジネスリーダーは会社内で一致した構造を維持するのに役立ちます。ビジネスに機敏であり、従業員、消費者、市場のフィードバックに適応することが、優れた企業を成功に導くものです。

ビジネスポリシープランの重要性

ビジネスポリシーは重要であり、法的責任から従業員の満足度や前向きなパブリックイメージまですべてに影響を与えます。ポリシーは、特定の事柄の期待に関して、全員が同じページにいることを確認します。ビジネスには、会社のさまざまな側面に関連するポリシーがある場合があります。安全方針、人事採用方針、差別禁止方針があるかもしれません。従業員のドレスコード、昼食のスケジュール、休暇、休日に関連するポリシーもある場合があります。その他のポリシーは、顧客への挨拶、電話管理、製品配送の詳細など、カスタマーエクスペリエンスに関連しています。

これらの方針はすべて、前向きな職場環境を作り出します。怪我や差別から安全に仕事をしていると感じる従業員は、より幸せで生産的です。これは、すべての事業主が考慮しなければならない生産性の重要な側面です。従業員が服装規定、スケジュール、休暇の要求について特定の指示を持っている場合、それは現場を平準化し、従業員を差別から保護します。それは、オフィスのダイナミックなトーンとチームワークの基盤を設定します。単にスケジュールを整理するには、チームとして作業するか、少なくともチームの他のメンバーを検討する必要があります。

運用とカスタマーエクスペリエンスに関するポリシーに関しては、これは一貫した運用と潜在的な問題のトラブルシューティングを行うために不可欠です。製品が配達された後にフォローアップすることがポリシーであり、それが起こらない場合、マネージャーはプロセスのそのセグメントをより高いリターンに向けることができます。

企業文化の確立

ポリシーが計画書に明確に示されている場合、期待が設定されます。これにより、何をすべきか、何をすべきでないか、どのように行動するかという企業文化が確立され始めます。明確に概説された形式で期待を与えられた従業員は、明確に書かれた方針を持たない企業で雇用されている従業員よりも、それらの職務をよりよく遂行でき、「台本」から逸脱することが少ない傾向があります。

もちろん、経営陣がポリシーを実施しないのであれば、ポリシーは何の意味もありません。安全性や差別などの一部のポリシーには法的な影響があり、生産性と顧客満足度に直接影響します。マネージャーが購入後6か月のレビューのポリシーを従業員に遵守することを要求しない場合、会社は事業を失う可能性があり、マネージャーは施行ポリシーを開始するのが難しくなります。

たとえば、Googleには非常に従業員主導の企業文化があります。つまり、親は育児時間の前後にスケジュールを調整できます。犬の飼い主はFidoを仕事に連れて行くことができ、従業員は割り当てられたプロジェクトだけでなく、開発したい個人的なプロジェクトに時間の一部を費やすことができます。これは、会社によって非常に明確なパラメータで概説されている多くの柔軟性であり、従業員は境界がどこにあるかを知ることができます。その結果、Googleは人々が働きたい場所であり、このポリシーにより、Googleはテクノロジーの世界的リーダーになりました。

従業員のビジネスポリシートレーニング

ビジネスリーダーは、ビジネスポリシーについて従業員をトレーニングする必要があります。すべての従業員は、すべてのポリシーを1つの中央文書にまとめた従業員ハンドブックを受け取る必要があります。更新は、ハンドブックの修正として書面で配布する必要があります。ハンドブックが古くなった場合は、新しく実装された変更が従業員ハンドブックに統合されるように改訂する必要があります。

雇用主はまた、質問がある場合に従業員がアクセスできるように、クラウドまたはオンラインポータルを介してハンドブックにアクセスできるようにしておく必要があります。さらに、オンラインにすることで、従業員が知らなかったと言う言い訳はありません。

しかし、これだけでは十分ではありません。雇用主は、主要なポリシーを確認するためのトレーニングセッションを開催する必要があります。多くの企業が包括的トレーニングを実施しており、従業員がハラスメントや差別として認識される可能性のある言語や行動の種類をよりよく理解できるようにしています。従業員が間違ったことから正しいことを知っていると思い込まないでください。それを理解するように彼らを訓練してください。これは、ビジネスと従業員を法的な問題から守るのに役立ちます。

運用に関しても同じことが言えます。従業員が電話で特定のスクリプトに従う必要がある場合は、従業員と一緒にレビューしてロールプレイを行います。これは、個人的なやりとりにも当てはまります。販売プロセスを確認するだけではありません。時間をかけて潜在的なカスタマーサービスの問題を確認し、従業員が日中の潜在的な問題に対処するためのトレーニングを強化できるようにします。従業員が顧客の問題に対処できるほど、指揮系統の上位にリダイレクトされることは少なくなります。これにより、ビジネスリーダーは成長と開発戦略に集中できるようになります。

ビジネスポリシーへの違反

すべてのビジネスポリシーと整合性を保つことが重要です。「すべてのオフサイト作業員がシャツを押し込む」という単純なものでも、管理が必要です。すでに説明したように、ポリシーを実装するタイミングを選択することはできません。これは、特定の日に上司のどのバージョンが来るかわからない従業員の間に混乱と敵意を生み出します。

ビジネスポリシーが実装され、一貫して管理されている場合は、違反について従業員に説明責任を負わせる必要があります。アクションに適した、管理者が従うプロセスまたはプロトコルが必要です。これは、従業員に何が起こっているかを文書化し、従業員を解放する必要があるかどうかを判断するのに役立ちます。

たとえば、すべての男性がネクタイを着用し、すべての女性がパンストを着用するというポリシーの場合、違反のプロセスは、口頭での警告とそれに続く従業員のファイルへの書き込みである可能性があります。違反が繰り返されると、保護観察や停学などの懲戒処分がさらに発生します。一方、現場では常にヘルメットを着用しなければならないという方針の場合、違反は安全上の問題となり、書き留めて現場から撤去するなど、早急な対応が必要になります。

ハラスメントや差別などの合法性を中心に展開するポリシーでは、法律の専門家、必要に応じて法執行機関を巻き込み、調査を行って真実を判断する必要があります。調査が完了するまで、個人が分離され、職務が調整される場合がありますが、調査が終了する前に解雇が適切になることはめったにありません。

あなたのビジネスポリシーの重要性

採用するビジネスリーダーとして選択するポリシーと実装方法は、従業員のパフォーマンスに直接影響します。一部のビジネスリーダーは、すべてを厳密な形式にすることを望まない一方で、他のビジネスリーダーは、会社の運用プロセスのすべての段階で特定のプロセスを実装することを好みます。これは事業主の決定です。

一部のポリシーと手順は法的な問題を防ぐように設計されていますが、他のポリシーと手順は会社のイメージ、経験、文化を構築するように設計されていることに注意してください。ビジネスリーダーは、ポリシーがチームにどのように影響しているかを認識している必要があります。ドレスコードが大多数の従業員にとって問題になりつつある場合、金曜日のカジュアルポリシーなどの新しいポリシーにより、オフィスのダイナミックが前向きに変化する可能性があります。携帯電話のポリシーが存在しないが、従業員が個人的な電話、テキスト、ソーシャルメディアに何時間も費やしている場合は、生産性を向上させるために、トレーニングを伴う新しいポリシーを実装および管理する必要があります。管理者は、会社の方針とビジネスの成功に対するその有効性を定期的に評価する必要があります。

ビジネスポリシーの構築

ポリシーの確立は、通常、事業主またはその最初のリーダーシップチームが、使命とビジョンを備えた従業員ハンドブックと事業計画を作成することから始まります。チームは、連邦および州の規制によって規制されている標準的なポリシーを検討する必要があります。規制されているポリシーには、プライバシーポリシー、差別禁止ルール、残業代と休日の給与、さらにはヘルスケアプログラムが含まれます。

一部の企業は必要なポリシーを超えることを決定しましたが、ほとんどの企業は、これらの規制されたルールが多くの企業間で類似していることに気付くでしょう。次に、運営と文化政策があります。これには、リーダーが会社に求めているイメージや、リーダーが確立しようとしている社内の企業文化が含まれます。ドレスコードから職場での喫煙まで、すべてがビジネスポリシーによって定義されている可能性があります。

主なポリシーが作成されたら、ビジネスリーダーは、従業員と顧客がポリシーにどのように対応するかを常に把握している必要があります。ポリシーが会社の全体的な生産性に悪影響を及ぼしている場合は、フィードバックを求めて調整を検討する必要があります。すべてのビジネスリーダーは、成功のための彼自身の方針としてこれを持たなければなりません。ビジネスは常に変化している流動的なエンティティです。硬すぎると、パフォーマンスが低下し、結果が低下する可能性があります。本番環境の問題のトラブルシューティングは、ビジネスポリシーのトラブルシューティングから始まる場合があります。