内部収益率法の長所と短所

さまざまなプロジェクトにおける中小企業による潜在的な設備投資を評価する場合、内部収益率(IRR)は、追求する価値のあるプロジェクトを評価するための貴重なツールになります。IRRは、設備投資によって生み出される予測キャッシュフローの収益率を測定します。ビジネスで検討中の各プロジェクトのIRRを比較して、意思決定に使用できます。

利点:お金の時間価値を見つける

内部収益率は、将来のキャッシュフローの現在価値が必要な設備投資と等しくなる金利を計算することによって測定されます。利点は、将来のすべての年のキャッシュフローのタイミングが考慮されるため、お金の時間価値を使用して、各キャッシュフローに等しい重みが与えられることです。

利点:使いやすく、理解しやすい

IRRは計算が簡単な尺度であり、検討中のさまざまなプロジェクトの価値を比較するための簡単な手段を提供します。IRRは、中小企業の所有者に、どの資本プロジェクトが最大の潜在的なキャッシュフローを提供するかについての簡単なスナップショットを提供します。また、古い機器を修理するのではなく、新しい機器を購入することによる潜在的な価値や節約のスナップショットをすばやく提供するなど、予算の目的にも使用できます。

利点:ハードルレートは不要

資本予算分析では、ハードルレート、つまり資本コストは、投資家がプロジェクトに資金を提供することに同意するために必要な収益率です。これは主観的な数値である可能性があり、通常は大まかな見積もりになります。IRR法はハードルレートを必要としないため、誤ったレートを決定するリスクが軽減されます。IRRが計算されると、IRRが推定資本コストを超えるプロジェクトを選択できます。

短所:プロジェクトのサイズを無視する

IRR法を使用することの欠点は、プロジェクトを比較するときにプロジェクトのサイズが考慮されないことです。キャッシュフローは、それらのキャッシュフローを生み出す資本支出の額と単純に比較されます。これは、2つのプロジェクトで必要な資本支出が大幅に異なる場合に問題になる可能性がありますが、プロジェクトが小さいほどIRRが高くなります。

たとえば、次の5年間で$ 100,000の資本支出と$ 25,000の予測キャッシュフローを持つプロジェクトのIRRは7.94%ですが、次の5年間で$ 10,000の資本支出と予測されるキャッシュフローを持つプロジェクトのIRRは$ 3,000です。 15.2パーセントの。IRR法のみを使用すると、小規模なプロジェクトがより魅力的になり、大規模なプロジェクトが大幅に高いキャッシュフローとおそらくより大きな利益を生み出す可能性があるという事実を無視します。

短所:将来のコストを無視する

IRR法は、資本注入によって生成される予測キャッシュフローにのみ関係し、利益に影響を与える可能性のある潜在的な将来のコストを無視します。たとえば、トラックへの投資を検討している場合、燃料価格が変動し、メンテナンス要件が変化するため、将来の燃料およびメンテナンスコストが利益に影響を与える可能性があります。依存プロジェクトは、トラックのフリートを駐車するための空き地を購入する必要がある場合があり、そのようなコストは、フリートの運用によって生成されるキャッシュフローのIRR計算を考慮しません。

短所:再投資率を無視する

IRRを使用すると、将来のキャッシュフローの価値を計算できますが、これらのキャッシュフローはIRRと同じレートで再投資できるという暗黙の前提があります。 IRRは非常に高い場合があり、そのような利益をもたらす機会は一般に利用できないか、大幅に制限されているため、この仮定は実用的ではありません。