企業のさまざまな変化

典型的な勤務シフトは、8時間の連続した勤務で、休憩とシフト間の休憩があります。企業は、仕事の種類、ニーズ、および人的資源の哲学に応じて、さまざまな種類の勤務シフトを使用します。一部の企業では従業員に一貫したシフトを使用させていますが、他の企業ではローテーションシフトを使用しています。4つの一般的な勤務シフトには、朝、正午、夕方、夜間が含まれます。それぞれがあなたのビジネスと従業員のための賛否両論を持っています。

朝のシフト

朝の勤務シフトは通常、午前8時から午後4時または午前9時から午後5時まで実行されます。ただし、営業時間が24時間営業でない限り、朝の勤務シフトのマネージャーは、営業または営業を開始する責任があります。小売業では、店長は通常、これらの朝または通常の日勤で働いています。オフィス環境では、このタイプのシフトが就業日全体を定義する場合があります。

日中シフト

長時間または24時間営業している多くの小売業者やその他の企業は、正午にシフトしています。このシフトの時間は、午後1時から午後9時、または午後2時から午後10時までです。小規模な小売店では、アシスタントマネージャーがこのシフトを行って、リーダーシップと管理の監視を提供することがよくあります。この時間枠の労働者は朝と夕方の労働者と相互作用するため、これは重要な移行シフトです。夜更かしして寝れば、このシフトが好きな従業員もいます。他の従業員は、このシフトが1日のほとんどを引き継いでいると感じています。

イブニング

比較的早く閉店する企業や店舗では、前述の正午のシフトが終了する場合があります。営業時間が遅くなるか24時間営業している場合は、午後4時または午後5時頃に始まり、午後11時または12時まで続く夕方のシフトもあります。制作会社はこれらの夕方の時間帯にフルシフトを使用する場合がありますが、一部の小売業者はより多くの部分を使用します。タイムワーカーと短いシフト。小売業者は夕方に忙しくなり、より短いシフトが必要になる場合があります。24時間開いたままにしない限り、この夜のシフトは、掃除やキャッシュアウトなどの閉鎖手順を完了し、ドアをロックします。大学の従業員またはフルタイムの日中の仕事をしている従業員は、夜勤を好むかもしれません。

夜勤

あなたのビジネスが24時間営業している場合は、夜間の時間帯にも補償が必要です。一般に墓地シフトと呼ばれるこの深夜から午前7時または午前8時のシフトは、スタッフが配置するのが難しい場合があります。この間、ビジネス需要が低下する可能性があります。つまり、必要な労働者が少なくなります。奇数時間の労働を好む人もいますが、睡眠と覚醒のパターンに関する社会的規範に反しているため、このスケジュールで働くのが難しいと感じる人もいます。小売店は、夜間に泥棒や破壊者によるリスクの増大に直面することがよくありました。