他の媒体に先んじてテレビに広告を出すことの利点は何ですか?

広告は、商品やサービスを購入する消費者の意思決定のほぼ90%に影響を与えます。これには、テレビ、印刷物、ラジオ、屋外看板などの従来のメディアだけでなく、インターネットやモバイル広告などの新しい概念も含まれます。非常に多くの広告メディアが利用可能であるため、事業主は他のメディアに対するテレビ広告の利点について疑問に思うかもしれません。実際には、テレビ広告は他のどの媒体よりも優れた利点を提供し、広告費の効果的な使用になります。

ヒント

テレビ広告は、消費者が知っていて信頼できる方法で、ターゲットを絞った方法でより多くの視聴者にリーチするのに役立ちます。

より多くの視聴者にリーチする

テレビ広告の利点の中には、単一の広告スポットで大勢の視聴者リーチする機会があります。テレビを見ることは、米国で最も一般的な余暇活動であり、平均的なアメリカ人は毎日約5時間見ています。さらに、調査によると、消費者の60%がテレビで広告を見た後に購入する可能性が高いのに対し、オンラインまたはソーシャルメディアで広告を見る場合は40%強にすぎません。

対照的に、ラジオの視聴者は、テレビに比べて地方局の数が多いため、より細分化され、より少なくなる傾向があります。地元のテレビ局が少ないため、オーディエンスは広告を見る人々のより大きなセグメントに分散しています。また、テレビの普及により、消費者は他のメディアと比較してテレビ広告をより受け入れやすくなる可能性があります。多くの視聴者は、スーパーボウルのコマーシャルに対する人気の誇大宣伝に示されているように、クリエイティブでよくできたテレビ広告に興味を持って惹かれています。

あなたの聴衆をターゲットにする能力

テレビでの広告のその他の利点は、ソーシャルメディアへのさらなる関与を促進することにより、特定のオーディエンスをターゲットにし、リーチを拡大できることです。広告主は、意図した人口統計が見ている可能性が高いショーの間に広告スポットを購入することによって、視聴者をターゲットにすることができます。たとえば、玩具メーカーはサタデーモーニングカトゥーンで宣伝したい場合がありますが、地元のバーやグリルではスポーツイベントで宣伝したい場合があります。事業主は、人口動態の焦点をさらに絞り込むために、独立したテレビ局または地元のテレビ局で宣伝することを選択できます。

広告主が視聴者に追加のテクノロジーやソーシャルメディアを使用しながら製品に関与するように促すことで、リーチとブランド認知の両方を拡大できます。テレビ視聴者の70%以上が、テレビを見ながらタブレットやスマートフォンなどの追加デバイスを使用し、同時にオンラインで友達と交流することがよくあります。広告主は、視聴者にオンラインで懸賞に応募するか、ウェブサイトにアクセスするように指示することで、エンゲージメントを促進できます。視聴者はまた、宣伝されたばかりの製品について友人にテキストメッセージを送信したり、興味のある製品に関する詳細情報を検索したりする可能性が高くなります。

テレビは捕虜の聴衆を集める

拘束された視聴者と追加の競争がないことは、テレビ広告の他の利点です。ほんの数秒であっても、テレビ広告はあなたの製品だけにスポットライトを当てます。これは、広告が比較的小さく、競合他社の広告のすぐ横に配置される可能性がある新聞、電話帳、またはその他の印刷媒体とは対照的です。ラジオでは、リスナーはラジオダイヤルをめくって複数のステーションを頻繁に聞くため、広告主は目的のオーディエンスに到達するために多くのステーションに広告を出す必要があり、消費者は競合他社の製品に遭遇する可能性があります。

コストが信頼性をもたらす

テレビ広告は他の広告よりも制作コストが高く、コマーシャルの放送時間も高くつく可能性がありますが、消費者は他のメディアよりも信頼しているため、テレビの販促資料が最も影響力があります。視覚刺激と聴覚刺激の両方を兼ね備えているため、他のどの媒体よりも洗練されているという利点があります。興味深いカメラアングル、写真と言葉の組み合わせは、よりエキサイティングなだけでなく、単一の静止写真よりも製品のよりリアルなビューを提供します。テレビ広告には、製品を表示し、その使用法を示し、所有権または消費の利点を説明する機能があります。