コストリーダーシップと戦略マーケティングの例

事業主として、あなたはあなたの収入と利益に最大の影響を与えるであろう様々なマーケティング戦略を考慮する必要があります。コストリーダーシップは、企業が市場で最も競争力のある価格の製品であり、最も安価であることを意味する1つの戦略です。ウォルマート、マクドナルド、サウスウエスト航空などの多くの大企業では、コストリーダーシップの例を戦略的なマーケティングの優先事項と見なしています。多くの中小企業がコストリーダーシップでコングロマリットと競争することは困難ですが、地方レベルで見られる例があります。

定額不動産サービス

家を売るのは費用のかかる取引です。不動産業者は、取引の手数料として最大6パーセントを法的に請求することが許可されています。この金額は通常、買い手の代理人と売り手の代理人の間で分割されますが、すべて売り手が支払います。これは、500,000ドルの手数料が最大30,000ドルかかる可能性があることを意味します。

多くの住宅所有者がこの料金を5〜4%まで交渉しますが、これは依然として高い数値です。これは、定額ブローカーが新しいクライアントを見つけるための効果的な戦略としてコストリーダーシップを使用して市場に浸透しているところです。これらの会社は、売り手が家のリストや必要なすべての法的開示の完了などのサービスを含めて家を売るために3,000ドルを超えて支払うことはないと宣伝しています。これは、売り手がお金を節約し、所有者による販売の煩わしさを回避し、それでも彼らの家を適切に売り込むための助けを得るのに役立ちます。

クッキーカッターの家の改修

請負業者は多額の費用がかかる可能性があります。供給と労働の両方が高価であり、請負業者がビジネスの保険とライセンスのコンポーネントを考慮しなければならない場合、追加のオーバーヘッドがあります。しかし、クッキーカッターのリフォーム会社は、住宅リフォーム市場で注目を集めています。ほとんどのクッキーカッターのリフォーム業者は、家のリフォームの1つの側面を専門としています。

キッチンのスペシャリストもいれば、バスルームのスペシャリストもいます。小屋やガレージを改装して、さらに楽しいスペースを作る人もいます。

スペシャライゼーションは、卸売業者と協力して、クライアントに販売する標準パッケージの最良の価格を取得するのに役立ちます。これらのリノベーターでは選択肢が限られているため、カスタマイズを期待しないでください。しかし、彼らは同じキャビネットやカウンタートップを何度も手に入れているので、それらの製品のより深い割引を受けることができます。その結果、より少ないお金で新しく更新されたキッチンを持つ住宅所有者になります。

オイル交換サービス

確かに、石油交換のコストリーダーであるジフィールーブのような大企業があります。ただし、小規模な整備士の店や自動車販売店でさえ、より多くの人をビジネスのドアに引き込むために低コストのオイル交換を提供する場合があります。整備士の店は、クライアントが新しいトランスミッションなどのハイエンドの仕事に後で整備士を使用することを期待して、クライアントを引き込み、彼らとの関係を構築する方法としてこれを使用する可能性があります。自動車販売店は、販売店のサービス部門を知っている見込み客を獲得し、最終的には新車の市場に参入する顧客との関係を築くという同じ目標を持っています。