データテーブルに列を追加する方法

Microsoft Excel 2010は、ワークシートをデータテーブルに変換して、フォーマットされた行と列の関連データをすばやく分析するのに役立ちます。テーブルレイアウトを展開する必要がある場合は、[ホーム]タブコマンドまたは右クリックショートカットを適用して、同様のスタイルでテーブル列を挿入します。各テーブル列には、データを効率的に並べ替えてフィルタリングするのに役立つヘッダー行が含まれます。

挿入コマンド

1

データテーブルを含むExcelワークシートを開きます。

2

データ列を挿入する場所の横にあるテーブルセルをクリックします。色付きの[テーブルツール]タブがコマンドリボンに表示されます。

3

リボンの[ホーム]タブをクリックします。

4

[セル]グループの[挿入]矢印ボタンをクリックして、オプションのリストを開きます。

5

「テーブルの列を左側に挿入」をクリックします。右側の列がシフトします。最後のデータ列でセルを選択した場合は、別のオプション[テーブル列を右側に挿入]をクリックできます。

ショートカットオプション

1

データテーブルを含むExcelワークシートを開きます。

2

新しい列を挿入する場所の横にあるテーブル列のセルを右クリックします。ショートカットオプションのリストが表示されます。

3

「挿入」をポイントして、「左側のテーブル列」と「上のテーブル行」の2つのオプションを含むリストを開きます。最後の列でテーブルセルを選択した場合は、3番目のオプション「右側のテーブル列」が表示されます。

4

「左側のテーブル列」または「右側のテーブル列」をクリックして、新しい列を挿入します。