パートタイムの雇用は何時間と見なされますか?

パートタイムの雇用はフルタイムの雇用よりも少ないものであり、通常は週に30〜40時間と定義されています。この定義によれば、パートタイムの雇用は週に30時間未満です。法律で義務付けられていない福利厚生を提供する会社では、フルタイムとパートタイムの雇用の境界線は、雇用主が選択した方法で決定できます。ただし、法的に義務付けられている給付については、区別がより重要です。

ヒント

アフォーダブルケア法に基づいてフルタイムの従業員に健康保険を提供することが義務付けられている大規模な雇用者にとって、パートタイムの仕事は週に30時間未満です。他の状況では、雇用主は独自の定義を提供することができます。

手ごろな価格のケア法の下で30時間

パートタイム雇用とフルタイム雇用の区別に最も関連する連邦法は、大規模雇用者がフルタイム従業員の健康保険の経済的責任を共有することを要求するアフォーダブルケア法です。法律では、フルタイムの仕事を少なくとも週30時間、または月130時間と定義しています。規模の基準を満たす企業は、これらの正社員に手頃な健康保険プランを提供するか、補償を提供しないことに対して罰金を支払う必要があります。連邦政府は、規模に関係なく、週30時間または月130時間未満で働くパートタイム従業員の健康保険に助成金を支給することを義務付けられている会社はありません。

公正な労働基準の下での区別なし

賃金と残業代に関する連邦規制を定めた公正労働基準法は、フルタイム労働者とパートタイム労働者を区別していません。従業員は、週15時間または50時間のどちらで働くかにかかわらず、法律の規定の対象となります。FLSAによると、従業員が何時間働いても、雇用主は1時間あたり7.25ドルまたは該当する州の最低賃金を下回ることはできません。FLSAは、未成年者を雇用するためのパラメーターも設定します。これらのルールは、従業員のスケジュールが最小時間数を満たしているかどうかにも影響されません。

雇用主はオプションの福利厚生を選択します

多くの雇用主は、歯科保険や有給休暇など、法律で義務付けられていない給付を提供することを選択します。これらの目的のために、雇用主はビジネスにとって意味のある方法でパートタイム雇用を定義することができます。ただし、これらの特典の重要な利点の1つは、従業員の士気に貢献し、従業員が会社にとどまるように促すことです。雇用主がパートタイム労働を週40時間未満と定義し、パートタイム労働者に福利厚生を提供しない場合、ポリシーは悪意を生み出し、労働者が長期的に会社にとどまる可能性を低くする可能性があります。