Twitterでプライバシー設定を変更して、誰も私のツイートを見ることができないようにする方法

Twitterユーザーは、ツイートを公開するか、非公開にするかを選択できます。プライベートツイートは、あなたをフォローしている人にのみ表示されます。デフォルトでは、ツイートは公開されていますが、プライバシー設定はいつでも簡単に変更できます。変更はすぐに有効になり、過去のすべてのツイートに影響します。

制限

ツイートを保護するためにプライバシー設定を設定すると、特定の制限が適用されます。たとえば、新しいフォロワーリクエストを手動で承認する必要があります。通知設定に応じて、新しいフォロワーリクエストを通知するテキストまたはメールが届きます。あなたのツイートも検索エンジンに表示されません。さらに、フォロワーがあなたをリツイートすると、他のフォロワーだけがリツイートされたメッセージを見ることができます。

ツイートを保護する

Twitterアカウントのホームページにある歯車の形をしたアイコンをクリックし、[設定]を選択してから、[セキュリティとプライバシー]タブをクリックして、アカウントを保護するためのすべてのオプションを表示します。 「ツイートを保護する」チェックボックスをオンにして、「変更を保存」をクリックします。変更を確認するには、パスワードを再入力する必要があります。プロフィールを表示して、ツイートが非公開になっていることを確認します。ヘッダーのユーザー名の横に鍵のアイコンが表示されます。