Excelで変数を使用する方法

Excelの変数の使用方法を知っていると、数式、ひいてはそれらの数式を含むスプレッドシートをはるかに理解しやすくすることができます。たとえば、式「= A1 B1 + C2」は不可解ですが、「勾配X + Y_Intercept」は直線の方程式として認識できます。Excelのドキュメントでは変数を「名前」と呼んでいるため、Excel変数を作成および管理する場合は、「名前マネージャー」などの[定義済みの名前]グループのコマンドを使用します。

1

新しいワークブックを作成し、スプレッドシートの任意の列に以下の値を入力します。すべての値を同じ列に入力する必要があります。

defg

2

「d」セルのすぐ右側のセルに任意の数値を入力します。この数値は、変数「d」がとる値です。前のセルのすぐ下にある次の3つのセルに必要な数値を入力します。

3

「d」を含むセルの上にマウスを移動し、マウスの左ボタンを押し続けます。最後に入力した数字の上にマウスが移動するまで、右下にドラッグします。次に、マウスを放して、入力した2つの列を選択します。

4

「式」タブをクリックします。[定義済みの名前]グループの[選択から作成]コマンドをクリックします。Excelは、変数を作成するテキストを含むセルのグループを指定するためのオプションを含むダイアログを表示します。

5

「左の列」オプションをクリックして、変数名を保持する範囲として入力した最初の列を指定します。

6

現在のスプレッドシートの空のセルをクリックして、以下の数式をセルに入力します。この式は、「選択から作成」コマンドで作成した変数を使用します。数式を入力すると、Excelにその結果(変数名の右側の列に入力した数値の合計)が表示されます。

= d + e + f + g

7

[数式]タブの[名前マネージャー]ボタンをクリックします。これにより、Excel変数を作成および編集できる[名前マネージャー]ダイアログボックスが表示されます。

8

ダイアログの変数リストから「d」変数をクリックし、「削除」ボタンをクリックしてダイアログを閉じます。入力した数式に「#NAME?」と表示されていることを確認します。これは、数式にエラーがあることを示しています。「d」変数を削除すると、エラーが発生しました。

9

「名前マネージャー」ボタンをもう一度クリックし、ダイアログの「新規」ボタンをクリックして、新しい変数を作成することを示します。 [新しい名前]ダイアログの[名前]コントロールに「d」と入力し、[参照先]コントロールをクリックします。 「d」を含むセルのすぐ右側にあるセルをクリックして、新しい変数が表すセルを指定します。すべてのダイアログを閉じて、数式セルに「#NAME」エラーが表示されなくなったことを確認してください。元々のように、右側の列にすべての数値の合計が含まれています。