キャッシュフロー計算書に対する未払配当金の影響

中小企業は、株主に現金を還元する方法として配当を支払います。未払配当金は会社の貸借対照表上の負債ですが、会社が実際に配当小切手を発行するまで、キャッシュフロー計算書には影響しません。現金配当の支払いは、キャッシュフロー計算書の財務活動セクションに影響を与えます。

配当の扱いを理解する

取締役会は、株主資本の一部である利益剰余金からの配当金の支払いを承認する必要があります。配当金は税引後純利益から株主への現金分配であるため、費用ではありません。上場企業は通常、特定の基準日現在の登録株主への配当金の支払いを発表するプレスリリースを発行します。民間企業は通常、配当金の支払いを公に発表しません。

現金で支払われた配当の宣言

会社の取締役会が配当金の支払いを承認または宣言した後、配当金が支払われるようになります。配当申告を記録する仕訳は、貸借対照表の負債セクションの流動負債勘定である利益剰余金と未払配当金を借方に記入することです。

この非現金取引は、金額を株主資本セクションから貸借対照表の負債セクションにシフトします。キャッシュフロー計算書への影響はありません。

現金による支払いは通常、発表から数週間以内に行われるため、配当は流動負債に分類されます。たとえば、ある会社が5月1日に1株あたり50セントの配当を宣言し、発行済み株式数が100,000株である場合、この宣言を記録する仕訳は、利益剰余金と未払配当金に50セント×100,000を掛けたものを借方に記入します。 50,000ドルです。

配当金の支払い

企業は、配当発表に示された支払日に発表された配当を支払います。現金配当支払いを記録する仕訳は、貸借対照表から配当負債を削除する未払配当金の借方記入と、現金の貸方記入です。配当金は、キャッシュフロー計算書の財務活動セクションの現金流出です。

前の例を続けると、会社が6月15日に現金配当を支払う場合、この支払いを記録する会計仕訳は、未払配当金を借方に記入し、現金をそれぞれ50,000ドル貸方に記入します。これにより、その期間のキャッシュフローが50,000ドル減少します。

考慮事項

企業が四半期配当を宣言すると、投資家はこれらの配当が続くことを期待するため、配当の支払いは重要な戦略的決定です。投資家は通常、配当金の支払いの削減または停止を財政的弱さの兆候と見なします。余剰現金の投資方法に関する柔軟性を維持するために、経営陣は1回限りの特別配当を宣言することができます。これにより、四半期ごとの配当支払いを期待せずに株主に現金を還元できます。