建物の解体費用を決定する方法

会社のニーズを満たすように特別に設計された作業施設の恩恵を受ける可能性のあるビジネスを所有している場合は、理想的な場所にある建物を解体してから、新しい本社または製造工場をゼロから建設することを検討したかもしれません。中小企業は、大規模な改修が必要な古い施設への移動が建物の破壊よりも費用効果が高いかどうかを判断する必要がある場合があります。その判断は、解体費用の合理的な見積もりがある場合にのみ行うことができます。

ヒント

専門の解体会社は、通常、大規模な解体プロジェクトに対して無料の見積もりを提供します。同社は、仕事の規模、現地の許可要件、特別なマテリアルハンドリング(アスベストの除去など)、特定の場所の容易さや難しさなど、さまざまな要因に基づいて見積もりを行います。ただし、この記事で詳しく説明されている要因に基づいて、予想されるコストの概要を把握することもできます。

ロケーションベースのコスト

商業ビルや住宅ビルの解体を検討している場合でも、解体費用は場所によって大きく異なります。一般に、解体費用は南部と中西部でより安価ですが、東海岸と西海岸の州ではより高価になる傾向があります。また、一部の都市では、リハビリを優先して建物の解体を思いとどまらせることを好むため、解体許可に対してかなり高い金額を請求することに注意してください。

建物の解体費用は通常、その平方フィートに関連しています。商業解体の全国平均は通常、1平方フィートあたり4ドルから​​8ドルに固定されているため、平方フィートにその範囲の金額を掛けることで、解体に関連するコストの大まかなアイデアを得ることができます。平方フィートが増えると1平方フィートあたりのコストが下がるため、大規模なプロジェクトを節約できます。また、商業ビルを解体するための全国平均は通常、約$ 30,500に固定されていることに注意してください。

コストに影響を与える特別な状況

全国平均を考慮し、場所に基づいて考え方を調整したら、解体のコストを上げる可能性のある特別な状況を考慮に入れる必要があります。建物にアスベストやその他の危険物が含まれている場合、危険物を取り除くために1平方フィートあたり2ドルから3ドルの追加費用がかかる場合があります。

解体許可は追加費用です。平均して、解体許可証の費用は約200ドルですが、解体を思いとどまらせる都市にいる場合、その料金は10,000ドル以上になる可能性があります。解体の総費用に追加される別の費用は、がれきを埋め立て地に運ぶための処分費用です。これらの費用は、木材、コンクリート、石膏、金属などのがれきの種類、および建築現場が最も近い処分施設からどれだけ離れているかによって異なります。

含まれる費用と含まれない費用

次に、解体の技術的な定義は、構造物をその基礎に完全に分解することであることに注意してください。したがって、解体の見積もりには、現在の建物の基礎の破壊が含まれる場合と含まれない場合があります。新しい基礎を必要とするプロジェクトがある場合は、解体の総費用の見積もりを引き上げる必要があるかもしれません。

通常、解体業者からの見積もりは、許可証やがれきの除去を含む解体プロセス全体を処理しますが、全国平均に基づいて、これらのアイテムが数の計算にどれだけ追加されるかを事前に知っておくと役立ちます。がれきの撤去など、プロジェクトの一部を自分で処理することで、解体入札で概説されている費用を負担することもできます。ごみ箱や運送会社にかなりの金額で電話をかけると、全体的な予算に違いが生じる可能性があります。