スライドをスキャンしてDVDに書き込む方法

今日のデジタル時代では、35mmフィルムスライドと以前はそれらを表示するために使用されていたかさばるプロジェクターは過去のものとなりました。古いスライドを箱に入れて屋根裏部屋に詰めて忘れる代わりに、それらをコンピューターにスキャンしてからDVDディスクに書き込むことができます。このように、あなたはあなたのコンピュータスクリーンまたはテレビから直接あなたの思い出を見ることができるでしょう。フラットベッドスキャナーといくつかの空のディスクを使用して、あなたはこれから何年もの間あなたの最愛のスライドを大切にすることができます。

35mmフィルムスライドのスキャン

1

付属のUSBケーブルを使用してスキャナーをコンピューターに接続します。スキャナーの電源を入れ、さまざまな種類のスキャン手順を一覧表示するプロンプトウィンドウが表示されるのを待ちます。

2

スキャナーの蓋を開け、マイクロファイバークロスでガラスをきれいに拭いて、スキャンしたスライドにほこりや小さな毛が現れるのを防ぎます。送風機を使用して、スキャナーのキャリアにロードする前に各スライドをクリーニングします。

3

スライドをキャリアに取り付け、フィルムの光沢のある面がガラスに対して下を向くようにします。

4

プロンプトウィンドウのドロップダウンメニューから[フィルムスライド]または[ポジティブフィルム]を選択します。他のオプションを選択すると、スライドは正しくスキャンされません。[保存先...]オプションで、ファイルを保存する場所を選択します。[ファイルの種類]で[。jpg]を選択します。

5

プロンプトウィンドウの下部にある[OK]または[スキャン]をクリックします。スキャンが完了するまで待ってから、保存先に移動して、完了したファイルを表示します。

6

すべてのスライドが正常にスキャンされてコンピューターに保存されるまで、手順1〜5を実行します。

スライドをDVDディスクに書き込む

1

空のDVDディスクをコンピュータのドライブに挿入します。ディスクをどうするかを尋ねるプロンプトウィンドウが表示されます。

2

プロンプトウィンドウから「ファイルをディスクに書き込む」を選択します。ウィンドウが表示され、スキャンしたスライドを保存した場所に移動できます。

3

適切な保存場所を選択し、書き込みたいすべてのスライドを選択します。プロンプトウィンドウから「OK」または「書き込み」をクリックします。

4

書き込みプロセスが完了したら、ディスクを取り出します。