LLCを持つことの利点は何ですか?

事業の法的構造は、所有者が収入を受け取る方法、企業が決定を下す方法、および税金を支払う方法に影響を与えます。有限責任会社(LLC)は、パートナーシップと企業の両方と特定の特性を共有するタイプのビジネスです。LLCとしてビジネスを構築することには、いくつかの潜在的な利点があります。

有限責任

LLCの主な利点の1つは、所有者がビジネスの決定に対して有限責任を負うことです。事業が借金を負っている、または訴えられた場合、所有者は自分のポケットからそれらの借金を支払う必要はありません。個人事業主およびパートナーシップのメンバーは事業債務の責任を負います。したがって、個人事業主またはパートナーシップが廃業した場合、所有者は個人破産につながる可能性のある大きな経済的負担に悩まされる可能性があります。LLCおよび企業のメンバーは事業債務から保護されています。

所得分配

米国中小企業庁(SBA)によると、LLCによって得られた収入はメンバーに流れ、収入に対する税金は所有者の個人所得税を通じて支払われます。言い換えれば、LLCは、法人のように、所有者とは別の事業体として課税されません。これにより、ビジネスは所有者が好きなように収入を分配できる柔軟性が得られます。

メンバーシップの柔軟性

LLCには柔軟なメンバーシップ構造があります。たとえば、LLCは単一のメンバーを持つことができ、有限責任の利益を与えながら、所有者に会社の完全な制御を与えることができます。さらに、企業やその他のLLCはLLCのメンバーになることができます。

記録管理とコスト

LLCは、同じレベルの記録を保持することなく、企業の有限責任を提供します。 SBAは、運用の容易さがLLCの主な利点の1つであり、責任に関して同様の利点を提供するLLCの一般的な代替手段であるS-corporationよりも登録事務処理が少なく、立ち上げコストが低いと述べています。