人件費の例は何ですか?

人件費は、中小企業の運営において重要な要素です。ビジネスオーナーは、ビジネスに不可欠な特定の職務を遂行するために従業員を雇うのが一般的です。特にビジネスが成長するにつれて。事業労働にはさまざまな種類があり、原価計算の目的で各事業労働費用をそのうちの1つに割り当てることができます。

ほとんどの管理者は、会計ソフトウェアを使用して、会社が製造または販売した商品の原価を計算し、その使いやすさから、直接および間接の両方の人件費を特定の分析に使用します。人件費には、変動労働、固定労働、直接労働、間接労働の4種類があります。

変動労働

名前が示すように、変動する人件費は、生産量の合計に基づいて異なります。中小企業にとって最も一般的なタイプの変動労働は、時間給の従業員です。あなたが買い物をする小売店とあなたが食事をするレストランを考えてみてください。これらの事業の需要が増減するにつれて、変動する人件費はそれに比例して変動します。

これらの従業員は通常直接雇用されますが、一部の企業は派遣会社と契約して新しい可変労働者を見つけて雇用しています。中小企業は、賃金が推定収入を超えないように、人件費を最小限に抑えるために変動労働者を使用する傾向があります。事業主がこれらの従業員に労働時間を保証することはめったにありません。なぜなら、彼らは通常、販売と生産の生産量が減少したときに時間を削減する権利を保持することを好むからです。

固定労働

中小企業庁(SBA)によると、企業の生産量が変動しても、固定労働コストは同じままです。総労働時間に関係なく固定給を稼ぐ所有者と従業員は、固定人件費の明らかな例です。固定人件費の利点の1つは、事業主が管理スタッフや監督スタッフに残業代を支払うことを回避できることです。一方、事業運営の効率や有効性を損なうことなく、固定人件費を削減することは通常困難です。

直接労働

直接費は、特定の製品の開発に使用される原材料や、消費財やサービスの品質管理のために実装されたソフトウェアなど、特定のコストオブジェクトに関連するコストです。直接費の大部分は人件費と直接材料です。非政府の一般に公正妥当と認められた会計原則(GAAP)の権威である財務会計基準審議会(FASB)によると、変動および固定の人件費は直接的または間接的に分類できます。

直接労働には、会社の製品またはサービスの製造を担当するすべての従業員が含まれます。直接労働の例としては、品質管理エンジニア、組立ラインの作業員、生産マネージャー、配送トラックの運転手などがあります。間接労働とは異なり、直接労働には、企業が生産する各消費財またはサービスに割り当てられるコストが含まれます。直接労働は通常、個々の生産部門に合わせて売上原価の一部を計算できる特定のタイムレコーダーコードを使用して管理されます。

間接労働

個々の製品やサービスにたどることができないコスト、または管理上の役割の費用など、組織全体で共有される人件費は、間接労働として定義されます。その他の例としては、オフィススーパーバイザー、会計士、営業チームメンバー、メンテナンススタッフ、管理アシスタントなどがあります。

間接労働は企業の間接製造間接費の一因ですが、組織全体に影響を与えるため、企業の製品やサービスに割り当てられないタイプの人件費です。従業員は会社の生産プロセス全体に補助的なサービスを提供するため、この人件費を直接人件費のように特定の製品またはサービスに割り当てることはできません。事業主は製品販売からの粗利益を通じて間接労働の支払いをしなければならないことに注意することが重要です。