職場の責任の種類

大小を問わず、すべての企業は、ビジネスの適切な運営を確保するための一連の責任を果たすために人々に依存しています。従業員は自分に何が期待されているかを認識する必要がありますが、所有者と管理者はポリシーが守られ、期待が満たされていることを確認する必要があります。一部の従業員には他の従業員よりも多くの責任が与えられる場合がありますが、全員が生産的な労働者の基本的な要件を維持する必要があります。

職務固有の責任

会社の各従業員は、時間給か給与かを問わず、エントリーレベルのポジションまたは上級管理職で、それぞれのポジションの特定の職務内容に基づいて毎日業務を行っています。会社の方針とプロトコルを遵守しながら、その職務を最大限に遂行することは従業員の責任です。彼らは期待されたときに仕事に来て、時間をうまく管理し、企業チームの前向きな部分になるよう努めるべきです。労働者は、遭遇した質問や問題について経営陣に対処し、会社の利益のために働く必要があります。

個人のパフォーマンスの説明責任

すべての従業員に対するもう1つの一般的な責任は、過ちを犯し、あなたの行動に対して責任を問われることです。同僚に責任を負わせたり言い訳をしたりするのではなく、過ちや判断力の欠如に対する責任を受け入れる従業員は、組織にとって前向きな資産になります。この期待を確立するために、マネージャーは従業員と難しい会話をする必要があるかもしれませんが、最終的には、オフィスの標準としての説明責任が前向きで生産的な職場環境を生み出します。

経営監督とリーダーシップ

マネージャーの主な責任は、チームまたは部門を軌道に乗せて目標を達成し、会社の基準を測定することです。優れたマネージャーは、監督下にある従業員のスキルとパフォーマンスの質を向上させる責任もあります。フィードバック、トレーニング、昇進の機会を提供することにより、マネージャーは前向きな職場環境と会社へのコミットメントを生み出します。逆に、スタッフの幸福に無関心であると思われるリーダーシップは、従業員の尊敬と忠誠心を獲得しません。

安全な職場の準備

米国労働省の規制により、労働安全衛生局(OSHA)は、すべての雇用者が労働者の安全を確保することを義務付けています。職場環境はOSHA基準を満たしている必要があり、可能な検査の対象となります。雇用主は、安全に使用できる機器を提供および維持し、労働者に安全プロトコルを思い出させる標識を掲示し、定期的な安全トレーニングを提供し、作業に関連する怪我や病気の記録を保持する必要があります。

金銭的義務の処理

一部の従業員、特に経理部門または給与部門の従業員は、会社の財務を正しく処理する責任があります。正確な記録管理に注意を払うことは重要であり、標準的な会計およびビジネス慣行に従うことも重要です。オフィスの小口現金または任意の資金にアクセスできる他の人は、それらを公式のビジネス目的にのみ使用し、正確な領収書の記録を経理部門に提出する必要があります。払い戻しのリクエストを送信する従業員は、マイレージと食事の費用を記録するときにも誠実さを維持する必要があります。

一般的な専門家の行動と表現

すべての企業において、経営トップから下層のすべての従業員は、仕事だけでなく仕事以外でも専門的に行動するよう努めるべきです。ビジネスポリシーのガイドラインと行動規範は、すべての人が従う必要があり、ベンダーや顧客だけでなく、一般の人々にも会社を代表するための基準と見なされるべきです。仕事以外では、個人の誠実さ、またはその欠如は、会社に反省する可能性があります。

たとえば、定期的に顧客の家に入る家電修理店の従業員が軽微な盗難で逮捕された場合、たとえ従業員が単に貧しい雇用であることが証明されたとしても、顧客は会社自体が不正な事業であると見なす可能性があります。