レストランでの食費の計算方法

農産物の価格は季節によって変動し、必需品のさまざまな供給源を見つけるため、レストランの食材のコストは定期的に変化します。メニュー項目を紹介する前に食品のコストを計算するのが賢明なので、この決定を使用して顧客の価格を決定することができます。また、商品の販売を開始した後、実際の食料費をできるだけ正確に計算して、実際に予想した金額を費やしているかどうかを確認する必要があります。

ヒント

メニューに入れるアイテムのコストを決定するには、まず料理に含まれるすべての材料の価格を調べます。バッチの総食料コストを各バッチから得られる販売ユニットの数で割って、ユニットあたりの食料コストを計算します。食材を実際に購入して使用した後は、食料費を再計算して、予測を満たしているかどうかを判断するのに役立ちます。

メニューの食費

メニューに入れるアイテムのコストを決定するには、まず料理に含まれるすべての材料の価格を調べます。大さじ1杯のオリーブオイルや小さじ半分の塩など、少量の材料費を分解するのは困難で面倒な場合があるため、それが簡単な場合はバッチで計算します。ソースなどの多くのメニューコンポーネントでは、実際には1食分ではなくバッチで作業するため、この方法で計算する方が理にかなっています。バッチの総食料コストを各バッチから得られる販売ユニットの数で割って、ユニットあたりの食料コストを計算します。

全体的な食料費

料理に入れる材料のコストを知っているからといって、一日の終わりに実際に料理にそれほど多くを費やしているわけではありません。材料が台無しになり、計算よりも大きい部分がキッチンから出てしまいます。材料を卸売りで購入できるという仮定に基づいてコストを計算したかもしれませんが、大量購入を正当化するのに十分な量を使用しなくなってしまいます。食材を実際に購入して使用した後は、食料費を再計算して、予測を満たしているかどうかを判断するのに役立ちます。

ただし、食品購入メニュー項目をメニュー項目ごとに分類することはほぼ不可能です。塩、食用油、鶏肉、玉ねぎ、米、小麦粉など、レストランで使用する食材の多くは、複数の料理に使用されています。この難しさにもかかわらず、全体的な食料費を計算し、それがすべてのメニュー項目の合計予測からどれだけ逸脱しているかを確認することは有用です。

食料費の割合

事後に材料費を評価する簡単で便利な方法は、それらを集計し、総売上高のパーセンテージとして合計を評価することです。総食料費を食料からの総収入で割って、食料費の割合を計算します。経済的に健康なレストランの場合、通常、食事の費用は25〜35%ですが、労働力を減らしれば食材に多くを費やすことで逃げることができます。