AdobeIllustratorで線の端を線に結合する方法

Adobe Illustratorのベクターグラフィックには、開いた形状と閉じた形状の2つの基本的なタイプがあります。直線、Sカーブ、波線、部分楕円はすべてオープンカテゴリに分類されます。円、長方形、不規則な多角形はすべて閉じた形状を構成します。閉じたシェイプでは、パスの境界の内側または外側に配置された塗りつぶしやストロークなど、開いたシェイプでは使用できない機能が使用できるため、開いたシェイプを閉じて用途を広げることができます。

開いた形を描く

Adobe Illustratorの描画ツールには、デフォルトで開いた図形を描画するオプションが含まれています。ペン、鉛筆、ブラシ、線分、円弧、スパイラルツールはすべてこのカテゴリに分類されます。ペン以外のこれらのツールのいずれかを使用して閉じた形状を作成するには、直線または曲線の端にある開いたアンカーポイントを選択し、Illustratorの[結合]コマンドを使用して線を閉じた形状に接続する必要があります。2つの開いたアンカーポイントを重ね合わせるか、Adobe Illustratorで、端が一致しない2つの線の間に接続線分を追加できるようにすることで、開いた図形を接続できます。

閉じた形状の描画

Adobe Illustratorの長方形、角丸長方形、楕円、ポリゴン、スターツールは閉じた形状を描画します。これらのツールを使用して形状を作成した後、出力を描画または変更する前に、出力の寸法を指定できます。これらのグラフィックを切り開かない限り、これらの描画オプションを使用するたびに閉じた形状を描画します。複雑な形状を作成するには、Illustratorのパスファインダー操作を使用して基本的なジオメトリを組み合わせることができます。これらのシェイプにアンカーポイントを追加して、デフォルトのコーナーや輪郭以外の場所で簡単にシェイプを変更できるようにすることもできます。

ペン接続

[結合]コマンドを使用して線を接続するだけでなく、ペンツールを使用して描画しながら接続することもできます。クリックして(角度の付いた線が突き出たコーナーポイントを作成する)、またはクリックしてドラッグしてベジェ曲線を作成すると、閉じたい形状の周囲を移動できます。最初に描いたポイントをもう一度クリックしてシェイプを閉じるポイントに到達すると、ツールカーソルの横に白丸が表示され、次のクリックでパスが閉じることを警告します。

その他の結合

2つ以上の図形(閉じているか開いているか)を描画し、それぞれの少なくとも一部が他の図形の上に重なるように移動する場合、Adobe Illustratorのパスファインダー操作を使用して、図形を閉じたパスに結合できます。同様に、開いたパスを選択し、[結合]コマンドを発行して、シェイプの開いた端を接続し、接続線で閉じることができます。ただし、シェイプを結合する機能には制限があります。たとえば、3つ以上のアンカーポイントを結合したり、パスファインダー操作を使用して異なるグループの図形を結合したりすることはできません。